maniacs Blog

ようこそ、マニアックスブログへ

タグ:パドル

blog_garagesale02























maniacs山下寿人です。

大好評の"More"maniacs Web Shop 2016ガレージセールに商品追加のお知らせです。
追加となる商品は下記4点となり、本日の19時より販売開始となります!
VW Golf7 GTI DCCパッケージのみに装着されている純正ホイール「AUSTIN」や
maniacs DSG Paddle 4D Extension、S-tronic Paddle Progressも登場しちゃいます!
またVW EOS US フロントグリルも非常に人気のある商品も登場し今週末も見逃せない内容です。
ぜひこの機会お気に入りのパーツをゲットして夏のカーライフを思いっきり楽しみましょう!!

螻ア荳区ァ・OOS_6713螻ア荳区ァ・OOS_6719螻ア荳区ァ・OOS_6738




■VW純正ホイール"AUSTIN" (18インチ/7.5J) 4本セット【ご来店専用品】 商品ページ

螻ア荳区ァ・OOS_6686螻ア荳区ァ・OOS_6690螻ア荳区ァ・OOS_6693

■VW Eos US フロントグリル 商品ページ

OOS_3817OOS_3818IMG_0492




■maniacs DSG Paddle 4D Extension 商品ページ

螻ア荳区ァ・OOS_6747螻ア荳区ァ・OOS_6745螻ア荳区ァ・OOS_6743




■maniacs S-tronic Paddle Progress 商品ページ

こちらで紹介しました商品は、ガレージセール商品の一部であり、24(日)19時よりご購入いただけます。
その他の商品は、web shopにて現在ご購入可能ですのでガレージセール商品ページもご覧ください。
16ガレージセール商品一覧ページ 

blog_garagesale02























maniacs山下寿人です。

大好評の"More"maniacs Web Shop 2016ガレージセールに商品追加のお知らせです。
追加となる商品は下記4点となり、販売開始は、24(日) 19時となります!
VW Golf7 GTI DCCパッケージのみに装着されている純正ホイール「AUSTIN」や
maniacs DSG Paddle 4D Extension、S-tronic Paddle Progressも登場しちゃいます!
またVW EOS US フロントグリルも非常に人気のある商品も登場し今週待つ見逃せない内容です。
ぜひこの機会お気に入りのパーツをゲットして夏のカーライフを思いっきり楽しみましょう!!

螻ア荳区ァ・OOS_6713螻ア荳区ァ・OOS_6719螻ア荳区ァ・OOS_6738




■VW純正ホイール"AUSTIN" (18インチ/7.5J) 4本セット【ご来店専用品】 商品ページ

螻ア荳区ァ・OOS_6686螻ア荳区ァ・OOS_6690螻ア荳区ァ・OOS_6693

■VW Eos US フロントグリル 商品ページ

OOS_3817OOS_3818IMG_0492




■maniacs DSG Paddle 4D Extension 商品ページ

螻ア荳区ァ・OOS_6747螻ア荳区ァ・OOS_6745螻ア荳区ァ・OOS_6743




■maniacs S-tronic Paddle Progress 商品ページ

こちらで紹介しました商品は、ガレージセール商品の一部であり、24(日)19時よりご購入いただけます。
その他の商品は、web shopにてご購入可能ですのでガレージセール商品ページもご覧ください。
16ガレージセール商品一覧ページ 

Blog_150924

店長です。現在完売しております、maniacs DSG Paddle 4D Extension(2種)/S-tronic Paddle Progress ですが、生産工程が複雑で、生産時間がたいへん長く、日本国内で職人の方に手作業にてアッセンブリーをお願いしております。そのため、現状ではまとまった入荷が難しく、はっきりした入荷予定も出にくい状況です。ご不便をお掛けしており、誠に恐縮です。

次回の入荷ですが、10月9日〜10月12日頃を予定しております。次回もそれほど数量は多くありませんので、早くご購入されたいお客さまは、商品ページにあります、「入荷お知らせメール」にご登録ください。商品入荷次第、メール配信させて頂きます。何とぞよろしくお願い申し上げます。

パドルシフト各種(商品ページ)

ストアコンシェルジュ遠藤です。

いよいよmaniacs DSG Paddle 4D Extension(High gloss Black)が発売となりました!

gd15812-m-02-dlgd15812-m-03-dlgd15812-m-07-dl





Golf7Rのステアリングにマッチするハイグロスブラック仕上げとなっておりまして、
後付け感のない純正然とした佇まいに思わず見とれてしまいます(素)

また見た目だけに留まらず、バラストを内部に配置することによって生み出された適度な重みが、
絶妙なパドルの操作感を生み出し、操る満足感を高めてくれる製品になっております!
 
web shopでは早くもsold outになってしまいましたが、
9月28日10時現在 maniacs STADIUM店頭ではわずかながら在庫がございますので、
是非ご来店お待ちしております! 

_Q5R8786


















お待たせしました!maniacs DSG Paddle 4D Extension(High gloss Black)!!マルチコート塗装による漆黒の輝きがmaniacs DSG Paddle 4D Extensionに一層の重厚感を与えます。

maniacs10b
















Golf Rの内装カラーに合わせたハイグロスブラックは、車両に装着するとインテリアにしっくりと馴染み、maniacs DSG Paddle 4D Extensionの奥行き感のあるデザインを一層引き立てます。
_Q5R8794


















maniacs DSG Paddle 4D Extensionの操作性はそのままに、ハイグロスブラックの高級感は、インテリア全体の上質感へとつながります。

maniacs DSG Paddle 4D Extension(High gloss Black)商品ページ

工房長です。お待たせしておりますmaniacs DSG Paddle 4D Extension(High gloss Black)、本日お客様に車両のご協力をいただき、装着写真を撮影しました。

maniacs11
















工房長自身も、Golf RにHigh gloss Blackのパドルエクステンションを装着するのは初めてで、ドキドキです。はたして、装着してみるとこれが予想以上のマッチング。自賛的で恐縮ですが、正直「ふ〜〜んっ」と溜め息が出るくらいカッコイイ。

maniacs13
















ひとことで言うなら、「上質」です。Golf Rの重厚感あふれるコックピットに、しっくりと馴染んでいます。全く違和感がないのはもちろんのこと、装着した状態を一度見てしまうと、もうないと寂しいと思ってしまうくらいに、必要不可欠の印象すらあります。

maniacs16
















現在、製品の1stロットが製造工程にあります。あと1週間くらで発売できる見込みです。発売まで、もう少々お待ちください。

blog_150902

店長です。maniacs DSG Paddle 4D Extension 本日5回目の入荷となりました。そろそろ落ち着いてきましたので、すぐに品切れすることはないかと思いますが、今回の入荷分が完売した場合、大型連休がありますので、その前に入荷するかどうかは微妙なところです。もし、連休前に入手されたいとお考えであれば、お早めにご検討された方が宜しいかど存じます。よろしくお願いいたします!

maniacs DSG Paddle 4D Extension(商品ページ) 

工房長です。開発経緯をお知らせしてまいりましたmaniacs DSG Paddle 4D Extension、先日ついに完成し、発売に漕ぎ着けました。そして、おかげさまで大好評をいただいております。製造プロセスはまだ完全な量産体制が構築できておらず、数量が少しずつしか入荷せずにご不便をおかけしますが、品質の方は万全の状態で出荷させていただいております。10月には十分な数量を生産できるように、工程整備を頑張っているところです。

Golf7maniacs21Golf7maniacs20Golf7maniacs24






さて開発記の方は、前回Golf7用maniacsパドルエクステンション開発記(4)で金型製作に着手しようというところまでお伝えしました。その金型製作前に、最後の微調整をします。まず試作品の実車装着評価の結果を踏まえて、製品版の両面テープの形状を詳細に設計し、それに合わせてパドルエクステンションの装着面の段差形状を微調整します。それから、意匠の仕上げとして、maniacsのマークを裏面に大きく配置し、ロゴを表面の下部にバランス良く配置しました。細かなこだわりですが、マークは左右で鏡像反転して対称に配置、ロゴは左右同一の向きで対称位置に配置しています。これで本当に設計データはフィックス。金型製作にGOを掛けました。

Golf7maniacs51Golf7maniacs49Golf7maniacs47






金型製作の間に諸々を決定します。まず両面テープは、薄すぎるとフィッティングがシビアになり、厚すぎると操作時の剛性感をスポイルします。また、操作力や車内温度上昇に耐える貼付強度は勿論のこと、外したいときには糊残りせずに綺麗に外せる特性も必要です。最適な選択として、maniacsパドルエクステンションの実績を踏まえて、3M製のVHBシリーズの中から0.4mmハイソフトタイプを採用しました。塗装は一般的な艶消し黒と銀ではなく、内装カラーに合わせて専用の調色を行っています。ブラックの方は通常のアクリル系やウレタン系塗料ではなく、耐摩耗グレードの塗料を用いて下塗り+仕上げの二回塗り、シルバーの方は下塗りのあと中研ぎを入れてから仕上げ塗りをしています。

Golf7maniacs25Golf7maniacs26Golf7maniacs43






待つこと約2ヶ月、金型が完了して早速Tゼロ(0次トライ)です。今回は金型製作や射出成型がやり易い製品形状(DFM)を最初から十分に考慮して設計してきたので、なんとTゼロでほぼOKです。そのTゼロ品に製品と同レベルの塗装を施して外観チェック。maniacsマークの方は塗装で目立たなくなりましたが、かえって控え目で上品な感じです。ロゴの方はシルバーに塗装すると絶妙な高級感。このまま発売できそうな98%くらいの完成度ですね。じつはmaniacsのデモカーには今でもこのTゼロ品が装着されています(自分で使うなら、もうこれで十分かな、笑)。しかし残りの2%、簡単に直ると思った微かな湯流れムラの修正に、あとでとんでもなく苦労するとはこの時点で知る由もなく(苦笑)。

Golf7maniacs27Golf7maniacs28Golf7maniacs31






バラストは、操作時のイナーシャを最適化して、手指に馴染むイイ感じのクリック感を出すために入れていますが、同時に剛性メンバーとしての役目も担っています。製品を手にとると感じられるガッシリとした剛性感はこのバラストのおかげです。なので寸法精度が重要で、試作品では僅かに余裕気味に作りましたが、製品版は周囲0.05mm〜0.1mm大きくしました。流石に細かすぎる拘りで、こういう話にご興味ない方には「もう好きにしてよ」ってレベルですね。そして、量産時にはプレス(打ち抜き)で製造する予定でしたが、反りや捻じれを回避して安定した品質を保つため、製品も全て、あえて量産性に劣るレーザーカットで作ることに方針変更しました。右写真のバラストは全てレーザーカット品です。

Golf7maniacs33Golf7maniacs32Golf7maniacs45






そして、いよいよ製品初回ロットを製造するため、射出成型条件の最後の詰めです。射出圧力、温度、冷却時間などの条件を少しずつ変えてサンプルを作り、それを評価します。ここで簡単に直るはずの最後の2%、湯流れの微かなムラがどうしても直らず「そのまま発売しちゃっても良いかな」と悪魔がちょっと囁きましたが、やっぱり我慢できません。結局、金型を降ろしてもう一度型屋さんに戻し、細部の微調整、型表面の再仕上げを行って、ようやく満足のいく製品となりました。そして、その製品版の部材で最終の組み立て確認、装着確認。全て問題なく、バッチリOKです。

Golf7maniacs40Golf7maniacs54Golf7maniacs53






商品開発に使ったステアリング単体は、敬意をこめて店頭に展示。発売の少し前から展示したのですが、お客様の評判は上々です。拘りのパッケージも設計完了して、イイ感じにピッタリ納まりました。商品には両面テープが2セット(うち1セットは予備)と脱脂用のPACクリーナーが付属します。装着のフィッティングもピッタリと納まりますので、位置合わせなど何も考えなくても、どなたにでも簡単、確実に装着していただけます。

Golf7maniacs55


















実際装着するとこんな感じ。写真で見るよりも現物は立体感があって、コックピットの一要素として当然のように役割を担っている感じがあります。そしてノーマルのパドルを操作したときの少し「ペコッ」っと軽やかすぎるクリック感は、エクステンションの剛性とイナーシャコントロールで気持ちよい節度感に生まれ変わります。DSGをシフトしている、という実感が得られます。妥協なく完成したmaniacs DSG Paddle 4D Extension。最適化された3次元のディメンジョンに加え、4つ目のディメンジョンたる感覚性能。4Dの名に恥じない作り込みがなされています。ぜひ愛車に装着して体感していただきたいと存じます(完)。

blog_150902

ストアコンシェルジュ遠藤です。

本日maniacs DSG Paddle 4D Extensionが入荷となりました!

9/11 12時現在maniacs STADIUM店頭のみわずかながら在庫がございますので、是非ご検討ください!
 
尚ハイグロスブラック仕様のmaniacs DSG Paddle 4D Extensionは9月半ば過ぎに、
発売を開始する予定です。また正式に発売日が決まりましたらお知らせさせて頂きます。
  

blog_150902

店長です。maniacs DSG Paddle 4D Extension 本日3回めの入荷となりましたが、入荷数も少なかったのですが、入荷待ちのメールご登録も60件以上ご登録があり、入荷後1時間経たずに、maniacs web shop、maniacs STADIUM共に、完売となりました。誠にありがとうございます。

さて、次回の入荷ですが、9月10日頃を予定しております。次回は今回よりは多くの入荷を予定しております。商品ページにあります、「入荷お知らせメール」にご登録ください。商品入荷次第、メール配信させて頂きます。恐らく9月下旬には在庫も潤沢になると思われます。お待たせしまして恐縮ではございますが、何とぞよろしくお願い申し上げます。

maniacs DSG Paddle 4D Extension(商品ページ) 

03029d1279bee34ab0ed2817





店長です。maniacs DSG Paddle 4D Extension 遂に発売となりました。たいへんお待たせしましたが、お待たせした分、自信を持ってお勧め出来る品質が実現出来たと自負しております。さて、初回入荷分は、web shop、maniacs STADIUM共に、完売となりました。誠にありがとうございます。

次回の入荷ですが、9月3日〜9月5日頃を予定しております。次回もそれほど数量は多くありませんので、早くご購入されたいお客さまは、商品ページにあります、「入荷お知らせメール」にご登録ください。商品入荷次第、メール配信させて頂きます。お待たせしまして恐縮ではございますが、何とぞよろしくお願い申し上げます。

maniacs DSG Paddle 4D Extension(商品ページ) 

maniacs01maniacs02








工房長です。大変お待たせしました。開発状況をお伝えしてまいりましたmaniacs DSG Paddle 4D Extensionの製品がついに完成し、1日でも早く発売すべく初回ロットは分納にて本日から入荷しております。早速商品写真を撮影し、ただいま販売準備が整いました。価格は21,000円(税別)です。

maniacs10maniacs14








特別の思い入れの商品です。形状や寸法に拘りぬいて触り心地が良いのはもちろんのこと、本体内部にはバラストを仕込んでイナーシャを最適化し、操作時の絶妙なクリック感を作り込んであります。初回ロット(分納1回目)の製造工程は、工房長自ら加工、組立等の作業も行いました。

maniacs13maniacs07








外観デザインはVWのステアリングホイールに馴染んでスタイリッシュに融合し、三次元的に捻じれた立体形状がインテリアの奥行き感を際立たせます。裏面のデザインにも拘っていて、エアインテークをモチーフにした補強リブと、その下にはさりげなくmaniacsのマークを配しました。

maniacs09maniacs11








装着のフィッティングも完璧です。写真のように付属の専用両面テープを装着面に貼って、車両のパドルに宛がうだけで、どなたにでも簡単・確実に装着できます。装着したらいろんな角度から眺め回して頂き、それから手に触れて操作して、必ずやご満足いただける商品に仕上がったと思います。

maniacs DSG Paddle 4D Extension(商品ページ)

R01R02








【付記】 本品をGolf 7R に装着した場合のデザイン(色調)は左写真のように違和感なくマッチングしますが、9月中に本品のシルバー部分をハイグロスブラックに変更したmaniacs DSG Paddle 4D Extension(High gloss Black)をリリースする予定です(右写真の右側)。Golf 7Rのステアリングスポークとカラーを統一して装着したい場合は、発売までもう少々お待ちください。

工房長です。先日Audi用のS-tronicパドルプログレスを発売しましてから「Golf7用パドルエクステンションの方はいつ出ますか?」というお問い合わせを今まで以上にたくさん頂戴するようになりました。maniacs製品にご期待をお寄せくださって本当にありがとうございます。7/23に日程感のご説明をしましてからは比較的順調に進んでおり、8月末までの発売開始を目指して鋭意開発中です。現在、量産化の最後の詰めを行っています。

Golf7maniacs01Golf7maniacs02Golf7maniacs03






さて開発記の方は、Golf7用maniacsパドルエクステンション開発記(3)で内部構造の設計を完了したところまで説明しました。その後の開発進捗をご説明します。0次試作のクレイモックアップ、1次試作の切削品ソリッドモデルを経て、内部構造まで忠実に作り込んだ2次試作モデルを、もう一度プラスチックの切削加工で製作しました。そしてその試作品ができ上がってきました。構造確認ですのでバラストも試作してます。こちらはスチールの板を形状データどおり正確にレーザーでカットしました。

Golf7maniacs04Golf7maniacs05Golf7maniacs06






試作パーツが4ピースありありますが、4つ目の部品は実はオプションの「ハニカム・インレイ」です。っと言いつつ、結論から申しますとこのオプションは構想〜試作まででボツになりました(苦笑)。後付けでカチャリと嵌る装着構造も上手くいったのですが、若干クドイ感じかなと。これを採り入れると製品化に向けての調整項目が増えて発売が遅れる可能性もあり、残念ながら不採用。製品化の影には、けっこうイイ線いってるけどもう一息でボツになる無数のアイディアが存在する、という一例でした。

Golf7maniacs07Golf7maniacs08Golf7maniacs09






さて、気を取り直して2次試作品の確認です。白いプラスチックの素地では、なんだか雰囲気が分からないということで、2次試作品は製品並みに塗装まで行いました。塗装をしてみると思った以上にイイ感じですね。そして各部品の形状に違和感がないかや、製造性、組み立て性も細かくチェックしていきます。とくに薄いフィン状の部分とシルバーの棒状の部分を接合する箇所が気掛かりだったのですが、綺麗に納まっています。設計上の大きな不具合がないことが分かり、ほっと一安心。

Golf7maniacs13Golf7maniacs14Golf7maniacs15






実際にステアリングに装着し、それから車両にも装着して評価しました。外観のマッチングは狙い通りで申し分ありません。シルバーの棒状の力強い陰影がステアリングスポークの枠ぶちと絶妙に融和。そして奥行き方向に段違いになった縦捻じれと横捻じれのような関係が独特の立体感を醸し出しています。裏面から見てもしっかりとGolf7世代を感じさせる隙のなさ。作者自身の期待をも超える印象の良さです(笑)。雑誌等に紹介していただいた写真も、実はこの2次試作品です。

Golf7maniacs20Golf7maniacs17Golf7maniacs18






っと悦に入っているわけにはいきません。製品化に向けた細かい詰めの作業が、まだまだ山ほどあります。左のスライドはその一例ですが、裏面のリブ状のデザインの裏側、つまり両面テープを貼る面の形状です。外観面ではないのですが、こういう部分の細かな形状をしっかり詰めるかどうかで、量産時の製造品質が違ってきます。真ん中のスライドも組み立ててしまうと見えなくなる部分です。こういうところも妥協なく詰めていきます。そして右のスライドで成型の射出ゲート位置を決めています。

Golf7maniacs10Golf7maniacs11Golf7maniacs12






そして製品化前のいよいよ最も重要な作業、外観デザインの細部の仕上げです。この2次試作の状態のままでも、おそらく50cm離れて見たらもう十分なのですが、しかし至近距離から見た場合の完成度というのは細かなな部分が意外なほど効いてくるのです。ここからがmaniacsのmaniacsたるところ。じっくりと舐めまわすように各部を観察して、違和感がないか、形状のバランスが最適になっているか、時間を掛けてチェックし尽くします。

Golf7maniacs21Golf7maniacs22Golf7maniacs23






製品化に向けてのデザインの仕上げとは、例えば左スライドではボツになったオプション部品のために仕込んだフィン形状の段差を消してフィンの断面形状を再構成しています。真ん中のスライドでは、各部の角の丸み(Rと言います)を指定しています(ノウハウなので、数値情報は伏せています)。右のスライドでは、裏面のリブの形状を微調整しています。他にも諸々。そうして、ようやく製品版の設計が確定。いよいよ金型の製作にGO!を掛けます。もう後戻りは許されません。(つづく)

工房長です。たいへんお待たせしました。S-tronic Paddle Progressの開発進捗につきまして、前回のS-tronic Paddle Progress 開発記(7)で、金型の最終調整までをお伝えしました。しばらく間が空いてしまいましたが、ついに完成しました!!長かった開発記の完結編です。

maniacs01maniacs02maniacs03





最終調整で、車両のパドルに対しての装着のクリアランスを0.1mm単で合わせ、それからインサートモールドのバラストの位置が正確に決まるよう、これまた0.1mm単位で合わせます。トライをして、確認評価を行って、金型を微調整するという作業。上手くいくときはほとんど一発で決まるのですが、今回は思った以上の回数の調整が入り、開発期間が延びてしまいました。

maniacs04maniacs05maniacs06





そして完成した金型で、量産の成型条件を詰めます。条件を何通りも振って慎重に評価する必要があります。成型の出来栄えは塗装してみないと分からない項目もあり、トライしては塗装をして評価するという繰り返しです。そしてこの期に及んで成型条件の絡みで、金型の射出ゲート部分をもう一回調整。ようやく納得のいく安定度で成型できるようになりました。

maniacs07maniacs08maniacs09





両面テープの形状も再調整。試作はカッティングプロッターで行いましたが、量産は型を起こすのでどうせなら格好良い方が良いです。塗装色は、試作までは既製の色を用いていましたが、製品はより正確に色合わせを行います。ブラックは単純な艶消し黒ではなく、内装色に合わせて専用の調色を行い、通常のアクリル系やウレタン系塗料ではなく、耐摩耗グレードの塗料を用いています。

maniacs10maniacs11maniacs12





設計から1年以上掛かりましたが、ついに製品が完成!Audiの車両に相応しい品質に仕上がったと思います。ステアリングと同芯で奥行き方向も一定となる操作部、その必然性のために微妙に捻じれて湾曲した面構成が無駄のない美しさを感じさせます。ディンプルとリブを配した控えめのデザインが、形状の精度や質感と相まって、独特の存在感を醸し出しています。

maniacs13maniacs14maniacs15





そして、いよいよ発売準備の最終段階です。商品のワクワク感や品質感を表現するよう、拘ってデザインしたパッケージが部材が入荷しました。商品の納まり具合もピッタリと決まりました。中仕切紙の表面は、S-tronicによるエンジン&ミッションの統合制御をイメージした電子回路と、効率的なパワー伝達をイメージした走行性能曲線をモチーフにし、裏面は説明書になっています。

maniacs16maniacs17maniacs18





開発段階から当社のA3にはプロトタイプを装着して走行評価を行ってきましたが、発売を目前にしてそのプロトタイプから製品版に付け替えました。うん、実にイイ感じです。ピシッとフィットする装着感、違和感の全くないデザイン、そして極めて自然な操作性。それでいて、ちゃんと「付けた感」を味わうことができ、Audi本来のドライビングプレジャーを高めてくれます。自信を持ってお奨めする一品です。

maniacs S-tronic Paddle Progress(商品ページ)

blog_510px

店長です。maniacs S-tronic Paddle Progress、初回入荷分はすべて完売いたしました。誠にありがとうございます。構想3年、製作1年...どこかの映画みたいですが、頑張って作ったかいがありました!さて、次回の入荷ですが、今週中に2回目の入荷があるとの報告がありました。

店舗は明日8/12より夏季休業ですが、通販は休まず発送致します。メールのお問い合わせの回答は通常よりもお時間頂きますので、予めご了承ください。

商品ページにあります「入荷お知らせメール」にご登録頂きますと、入荷次第メールが配信されますので、お待ちの方は、ぜひご登録ください。入荷までお時間頂きご不便お掛けしますが、いましばらくお待ちください。よろしくお願いします。

maniacs S-tronic Paddle Progress (商品ページ)

↑このページのトップヘ