maniacs Blog

ようこそ、マニアックスブログへ

カテゴリ: maniacs STADIUM

maniacsストアコンシェルジュ遠藤です。

maniacsSTADIUMにお越し頂くお客様から、近くまで来て道に迷ってしまったというお電話をいただく場合があります。以下に、maniacsSTADIUMまでの2パターンのアクセスルートについて、写真付きで道案内をいたします。

地図

















【青矢印のルート:緑産業道路から】
DSCN2293DSCN2292DSCN2290





まずは、緑産業道路からお越しになる場合(青矢印のルート)の目印を説明します。左写真のように、緑産業道路に「テクノゾーン入口」という交差点があります。その交差点を、IKEA方面からお越しの場合は左折、ららぽーと方面からお越しの場合は右折してください。曲がる道が細いので、少し分かりにくいかもしれません。曲がり角に中写真の「オークラ」という飲食店がありますので、それが目印になります。曲がると右写真のような景色になります。

DSCN2291DSCN2288DSCN2285





その細い道を約80m直進しますと、左写真のような「橋だとわからないかもしれない小さい橋」があります。その橋を渡って、右写真のように遊歩道沿いの道に鋭角に右折してください。そのまま細い道を約150m進むと、左側に写真右の「茶色とベージュのツートン縦縞の2階建てビル」が見えます。その直前を左折してください。その道を約150m直進すると右手にmaniacsSTADIUMがあります。


【赤矢印のルート:第三京浜港北ICから】
写真 4DSCN2295DSCN2296





次に第三京浜港北IC出口からお越しになる場合(赤矢印のルート)の道案内です。第三京浜港北ICの料金所を出ますと、左写真のように4車線になっていて、すぐ80mばかり先に大きな交差点があります。4車線のうち左から2車線目だけ直進できるようになっていますので、その車線に入って交差点を直進してください。交差点を過ぎて200mほど走りますと、道が右に緩くカーブして長い直線になり、中写真のような畑や空き地の風景が左手に広がります。この直線で右斜め前方向を見ていただくと、中写真〜右写真のようにmaniacsSTADIUMの建物と屋根看板が見えてまいります。

DSCN2302DSCN23001533837_814705161893029_1487458712083982848_n





200mほど直進しますと、左写真のようにmaniacsSTADIUMが次第に近くに見えて、大抵の場合は写真のようなオレンジ色のクレーン車が停車しています(稀にクレーン車が出払っている場合もあります)。クレーン車があればそれを通り過ぎててすぐを右折してください。クレーン車がない場合は中写真の電柱を通り過ぎた数m先を右折してください。右折して30mほどで左手にmaniacsSTADIUMの建物があります。建物の前の駐車スペース(6台分あります)に駐車してください。それでももし迷ってしまった場合には、路肩にお車を停めて045-620-6766までお電話ください。皆様のご来店をお待ちしております!

maniacsストアコンシェルジュ遠藤です。

4月に入りまして1週間。定休日だった日曜は吉祥寺をブラブラしていたんですが、どのお店も閑散としており、デパートもいつもよりもお客さんが少ない印象でした。かの有名な井の頭公園はさすがに花見客でそれなりに賑わっていたんですが、例年のごった返している感もなく何か全般的に勢いのない日曜の風景がそこにはありました。

翻ってmaniacsSTADIUM、4月最初の土曜日は・・・・ファクトリーは常に満車状態。。
うん。すごいお客さんだ。えーと増税始まったんだよな。。土曜日だけで30台近くのお越し頂きまして
いや本当にお越し頂けたお客様お一人、お一人に感謝です!

DSCN2252DSCN2253DSCN2250





そして混雑してくると困るのが駐車場問題です。。
相変わらず駐車場も満車状態が続き、ご来店のお客様にはご迷惑をおかけしております。土曜日が特に駐車場が混雑してしまう状況ですが、店舗前は勿論、店舗隣の駐車スペースも左写真のようにいっぱいになるケースがあります。その場合、写真真ん中のゴルフ7(ホワイト)が駐車している列で空きがあれば駐車可能です。その列も満車の場合、写真右のmaniacsデモカーのゴルフ6GTIが駐車している場所辺りでお停めください。スタッフがその後の対応をいたします。店舗前の通り上に駐車するのは大変危険ですのでお控えください。
またそれでも全く停める場所がない場合には、maniacsSTADIUM 045-620-6766まで一度お電話頂ければ、すぐにスタッフが飛んでまいりますのでよろしくお願いします!

チューリップ01チューリップ02チューリップ03






工房長です。maniacsSTADIUMから徒歩1分のところに、綺麗な小川の流れる遊歩道があります。3月24日に満開の桜をご紹介させていただきました。いま、その桜は元気な葉をつけ始め、小川のほとりに色鮮やかなチューリップが満開です(写真は今朝)。地元の方々に愛されている遊歩道で、手入れがとても良く行き届いています。

本日maniacsSTADIUMは第一日曜日で定休ですが、明日からまた元気に営業いたします。明日は風も治まって穏やかな陽気のようですので、maniacsSTADIUMにお越しの際には、是非この遊歩道にも立ち寄ってみてください。

sakura46sakura30sakura21






maniacsSTADIUMのすぐ近くに、小川の流れる遊歩道があり、そこの桜が今日まさに満開です。maniacsSTADIUMからは顔を出せばもう見えている距離で、徒歩1分で行けます。お越しの際にはお立ち寄りになって、チラッとお花見を楽しんでみてください。

26330_582709181759296_507386067_n528155_582745345089013_549471320_n17030_582760141754200_1169334487_n






工房長です。本日もmaniacsSTADIUMにたくさんのお客様にお越しいただきました。本当にありがとうございます。

11086_582892705074277_1785094415_nサーキット走行用に、MOTULエンジンオイルのフラッグシップ300V POWER 5W-40へエンジンオイルフィルターと同時に交換と併せてコンディションのチェック、スペシャルオーダーのTigan用Non-smoking packageの装着、LEDテールランプの装着やフォグランプ用バルブの交換など、さまざまな作業を行いました。熊澤メカ、大森メカと、工房長も含めてほぼ3名体制で対応しました。

そしてお客さまから素敵なお土産を頂戴して、本当にありがとうございます。スタッフ一同で美味しく戴きました。明日は第3日曜日でmaniacsSTADIUMはお休みです。また来週月曜から元気に営業いたしますので、よろしくお願い致します。

13073_582844521745762_1790585337_nImage1

工房長です。maniacsSTADIUMは、一階がファクトリーで二階がリアルショップになっています。一階のファクトリーは自動車分解整備事業の認証工場で、最近ではじつに幅広く様々な作業を行なっています。

・油脂類、フィルタ類、ワイパー、タイヤなど消耗品の交換
・灯火類のバルブ(白色ハロゲン、LED等)交換
・バックカメラ、ドアミラークローザーなどの電装系モディファイ
・コーディング変更などソフトウェア系チューニング
・足回り交換、ボディ補強パーツ装着などハード系パーツ装着
・エアロパーツ装着からステッカー貼付までエクステリア全般
・ノンスモーカートレイからレカロシート貼替までインテリア全般
・マフラー交換をはじめエンジンチューン
・エアコン修理から板金修理まで修理全般
・ボディコーティング、日常の洗車、インテリアクリーニング

ラベル1ラベル2ラベル3






などなど、実績として車に関するほぼ全ての範囲を行なっている感じです。一方で、モディファイやメンテナンスの方法と内容については、maniacsとして自信を持ってお奨めできるものと、どちらかと言うとお奨めできないものと、maniacsなりの節操を大切にしており、インフォームドコンセントにも力を入れています。

そしてmaniacsSTADIUMの大きな特徴として最近とくに顕著に感じる傾向があります。それは、モディファイ、チューニング、ドレスアップ、メンテナンス、リペア、といった少しずつ性質の異なる内容をシームレスにお取り扱いさせていただくケースが増えていることです。メンテの疑問や不明点をお訊きになるお客様も多いです。

例えば、マフラー交換のためにリフトで上げたときに、そう言えば最近少し足回りの調子が変と仰って、傷んだ箇所が見つかってその場で修理とか、インテリアパーツの装着にお越しになって、最近オイルを交換してないのを思い出されてついでに交換とか。そんな流れで、オープン当初は単純にパーツ類の装着作業が多かったのが、最近ではメンテナンスの作業も増えています。

ラベル4ラベル5ラベル6






そして、先日ご紹介したメンテナンスラベルを製作し、それが完成して来ました。昨日土曜日の午後の作業から適用させていただいています。赤、青、白の3種類のCERTIFIED MAINTENANCEラベルで、次回のメンテナンス時期の目安になります。日頃からの適切なメンテナンスは、VW/Audiのポテンシャルを最大限に引き出します。大切なお車に、常に快調に、安心して、末永くお乗り頂けきたいと思っています。

工房長です。新年もmaniacsSTADIUMにたくさんのお客様にお越しいただき、本当にありがとうございます。maniacsSTADIUMでは単にお車の整備やパーツの取付を行うだけでなく、お越しいただいたお客様に楽しい時間を過ごしていただくことを大切にしています。そのために、バリエーションに富んだ「お客様席」をご用意しています。今回はそのお客様席をご紹介します。

お客様席は大きく分けて「スタジアムシート」と「ラウンジシート」の2つのカテゴリーがあります。スタジアムシートはmaniacsSTADIUMのコンセプトでもあり、清潔感のあるファクトリーエリアと一体の空気感の中で、愛車の整備やパーツ装着の一部始終を観覧していただけます。

P11708455cm厚の天然杉板で作られたカスタマーデッキに3組みのシートがあり、一つはワイヤートラスフレームのチェア2脚と小さめの丸テーブルを組み合わせた2人席です。カジュアルな感じで気軽にお座りいただけます。お一人のお客様やお友達同士のお客様に人気があります。


P1170855もう一つは2人掛けのアップライトソファです(写真のモデルはお客様にご協力いただきました)。このお席は、くつろいでお過ごしいただけますので、お子様連れのお客様やカップルのお客様にも人気があります。このお席でVW/Audi関連のマガジンを読みながら過ごされるお客さまも多いです。


P1170851カスタマーデッキの奥には、木製脚のバケットチェアと大きめの丸テーブルを組み合わせた3人席があります。テーブルが大きめなので、お客様はここでパソコンをされたり、おやつを召し上がったりしています。このお席で愛車の整備を見ながらパソコンをされているお客様の姿は、デキるビジネスマンのオフタイムという感じで、ちょっと素敵な感じです。

ファクトリーは車の出入りが多いため冬でも開け放しで暖房ができず、カスタマーデッキもほぼ外気温と同じです(それが同じ空気感の真髄なのですが)。しかし、スタッフの予想を超えて、今の時期でも約半数のお客さまがこのカスタマーデッキのスタジアムシートをご利用くださるのは、本当に嬉しいことです。ひざ掛けをご用意されているお客様もいらっしゃいます。愛車の様子をじっくり見るにはひざ掛けのご用意はお薦めです。

P1170801P1170802P1170797











スタジアムシートが寒い時期、作業完了をお待ちになるお客様の約半数が屋内で過ごされています。屋内のラウンジシートは3箇所あります。ひとつは(左写真)1階ロビーにあるカーペット敷きのステップフロアです。ここは車好き(エンスージアスト)の趣味の部屋をイメージしています。シックな色調の空間にラグジュアリな一人掛けソファを2脚置き、大きなガラス窓からはファクトリーを一望できます。

もう一つ(中写真)は二階のストア内にあるベンチです。お買い物の合間に気軽にちょっとお掛けになれるので、このベンチが意外な人気スペースです。作業をお待ちの間にキーホルダーやステッカーなどのアクセサリー類をお選びになったり、スタッフとメンテナンスの相談をしながら、しばし腰掛けて休憩、そんな過ごされ方にピッタリのお席です。

そして、たくさんのお客様がいらした際に、お掛けいただくお席が足りなくなるケースがありましたため、今回お席をひとつ増設しました(右写真)。二階の階段ホールに二人掛けのアップライトソファを設置しまして、楽しいお買い物の合間のひとときに、こちらでチョットくつろいでいただけます。ご主人のお買いものをお待ちになる奥様にも人気のお席です。

maniacsSTADIUMではお客様の楽しい趣味の時間をお手伝いします。スタッフ一同、皆様のお越しをお待ちしております。ありがとうございます。

maniacs STADIUM のご案内
maniacs STADIUM 関連のブログ記事

14646_551409401555941_1468641527_n481208_559324154097799_421096858_n305534_553559424674272_788925740_n







画像1工房長です。maniacsSTADIUMではmaniacs web shopで販売している商品を実際にお手に取ってお選びいただけて、ご希望があればその場で取り付け作業も行っています。ベゼルやパドルエクステンションなど一部の商品は取付工賃無料ですのでお気軽にご用命ください。

ファクトリーでの作業は、maniacs web shopでレギュラー販売している内外装パーツ類だけでなく、足回りやエンジン回りの大物パーツの装着も大得意です。VW/Audiの車両に精通した経験豊かなメカニックが、責任を持って作業にあたります。どのような作業もご安心の上ご依頼いただけます。

maniacsSTADIUMでは専用のラベルを製作中です。左がその原稿でCERTIFIED MAINTENANCE(サーティファイド・メンテナンス)は認証整備という意味です。maniacsSTADIUMが認証工場としてお客様のお車を整備したことを示すラベルです。作業内容、作業日、走行距離などを記録して次回メンテ時期の目安になります。


163362_554068847956663_1330781366_n66424_559342254095989_1149724035_n602801_550529038310644_956956341_n






大切なお車に永く快調に乗っていただくためには、日頃からの整備が欠かせません。エンジンオイル等の油脂類交換を始め、足回りやブレーキのチェックや調整、有寿命部品の交換など、いわゆる整備作業もmaniacsSTADIUMの得意分野です。左写真はサーペンタインベルトの交換、右写真はドライブシャフトブーツの交換作業。真ん中の写真はつい先ほど行っていたDSGオイルの交換作業です。

上掲の赤、青、白の3種類のCERTIFIED MAINTENANCEラベルは安心・快調のしるしです。maniacsSTADIUMで作業を行った車両のエンジンルームにお貼りする予定です。来週中くらいにはラベルが出来上がってきますので、ご期待ください。適切なメンテナンスでVW/Audiのポテンシャルを最大限に引き出して、末永くお乗りいただければと願っております。

認証工場1工房長です。今年もあと半月になりました。今年はmaniacsにとって多くの変化があった年です。今日は工場認証についてご紹介します。年明けから社屋移転の準備を進め、4月に現在の社屋に移転しました。そしてリフトなどの車輌整備用設備を設置し、すぐに工場認証の申請を行いました。その認証が降りたのが9月5日です。


認証工場2道路運送車両法の規定に基づく自動車分解整備事業の認証は、つまり車検を行うことができる工場という意味です。この認証を取得していることで、足回り、ブレーキ、エンジンなど、走行安全に係わる部位について、お代金を頂戴してお客様の車輌の整備して良いということになります。


認証工場はこのプレートを見えやすい位置に掲示する必要があるのですが、ちょっと前時代的なデザインですね。黄色の色合いも、表記の書体も決められていますので、勝手に素敵なデザインにモディファイすることはできません(笑)。今年はたくさんの変化を経験した一年でしたが、中でもこの認証の取得は大きな変化だったと思います。お客様の愛車の整備を、安心してお任せいただけますので、コンディションを維持するための日常的な整備もお気軽にご相談ください。

ラベル材質






工房長です。maniacsは、その生い立ちからステッカーと深い関わりがあります。なので、ステッカーの材質や製造方法については詳しい方だと思うのですが、しかし実はこの種の技術分野にはかなりの幅があります。呼び方にしても、ステッカー、ラベル、シール等の用語があって、その使い方だけでも難しいですね。

maniacsでは、それ自体に商品性のあるものをステッカーと呼んでいて、それ自体は商品性がなく何かを表示する目的のために貼り付けるものをラベルと呼んでいます。そしてラベルの中で材質が紙でできていたり、耐候性の劣るものをシールと呼んでいます。一般的な語感とも比較的マッチしているかと思います。

maniacsが得意なのは、どちらかと言うとステッカーの分野で、ラベルの分野はまだまだ勉強することがたくさんあります。今回、メンテナンス時期等を記録するためのラベルを作ることになり、その材質選定のために10種類以上のサンプルを取り寄せてみました。それぞれに特徴があって面白いです。メンテナンスラベルができあがりましたら、またご紹介したいと思います。

工房長です。7月にmaniacs STADIUMをオープンして以来、たくさんの皆様にご利用いただき、本当にありがとうございます。遠方からお越しくださるお客様にも多く、心からお礼申し上げます。maniacs STADIUMではお客様の愛車の作業状況を、同じ空間の中でご覧いただけますので、作業を見るのがお好きなお客様には格別の臨場感が体験できます。

自転車1また、近くにはIKEA、LaLaport横浜、ホームセンターコーナンなどがありますので、作業をお待ちの時間を有効活用したいお客様には、楽しく有意義なお時間をお過ごしいただけると思います。作業完了のあともお客様がお戻りになるまでお車をお預りいたしますので、安心してゆっくりお買い物もしていただけると思います。


自転車3それらの近隣商業施設まで、徒歩でも往復できる距離ですが、さらにお気軽かつ軽快に散策していただけるように、maniacs STADIUMでは貸出用の自転車をご用意しています。自転車には一家言ある店長が自らチョイスしたもので、フレームはmaniacsのイメージカラーでもあるネイビーの、ちょっと洒落た雰囲気の自転車です。


自転車2ハンドルにはバスケットがついていますので、ショッピングで荷物の持ち帰りも安心です。貸し出しは無料ですので、ご利用をご希望の際はお気軽にスタッフにお声がけください。現在2台を常備しています。春先になってご利用の人気が高まりました際にはまた増車も検討したいと思います。ぜひご利用ください。


maniacs STADIUM

メカニックステッカー






工房長です。maniacs STADIUMで作業を担当するメカニックの、サーティファイドステッカーを作りました。これはメカニックが「私が作業を行いました」というサインのようなもので、作業終了時にご希望のお客様の車輌に無料で貼り付けさせていただいています。エンジンルームに貼ってあると、安心感がグッと増します。

っと申しますのは、見知らぬメカニックに作業してもらうよりも、バイネームで信頼のおけるメカニックに「掛かり付け」になる方が愛車のコンディションを隅々まで保ち易いからです。maniacs STADIUMではお客様の車輌を担当するメカニックとフェイスtoフェイスでお話をしながら、ご希望の詳細を詰めたり、作業のポイントもご確認いただけます。

maniacs STADIUMは、お客様の一人ひとり、お車一台一台のことを大切にして、皆様から「主治医」のように信頼してもらえる整備作業を常に心がけています。メカニック自身がサーティファイドステッカーを所持・管理して、お客様の車輌へに貼り付けるかどうかも任されています。ご希望の方はお気軽にメカニックにお申し付けください(無料です)。

↑このページのトップヘ