maniacs Blog

ようこそ、マニアックスブログへ

カテゴリ: チャリティ

工房長です。先日箱根で行われた「進もう、東日本!」のイベントで、工房長もチャリティ販売のお手伝いをしてきました。お客さまもスタッフも同じ目的意識を共有できて大盛況のうちに閉会できました。このイベントにはAudi Japan と Volkswagen Group Japan の特別協賛をはじめとして、45社の協賛をいただいて実施されたものです。

3139091831393166_o1





その「進もう、東日本!」のチャリティ販売グッズとして製作した、缶バッジ(3種類)、ステッカ、Tシャツ(6サイズ)、WEITERFAHREN,OST JAPAN! ステッカー(3カラー)を、Web_Shopでチャリティ販売します。maniacsの販売スキームを提供させていただき、当日お越しになれなかった遠方の皆様にもお届けしますので、ご賛同いただ蹴れば幸甚です。

31391126_o131390035_o1





「進もう、東日本!」の印象的なイラストデザインは、VW関連の公式配布物のデザインを手がけているGenGraphicsさんの作によるものです。VW/Audiオーナーの繋がりの中で、震災復興の支援に何か少しでも力になろうというみんなの気持ちを表現しています。これらの商品の売上金は、日本赤十字社の東北大震災義捐金に100%寄付いたします。

「進もう、東日本!」チャリティ缶バッジ 3種(商品ページ)
「進もう、東日本!」チャリティステッカー(商品ページ)
「進もう、東日本!」チャリティTシャツ 6サイズ(商品ページ)
WEITERFAHREN,OST JAPAN! ステッカー 3カラー(商品ページ)

a4683088-s工房長です。5月7日(土)TOYO TIRES ターンパイクの大観山ビューラウンジにて、東日本大震災復興支援チャリティイベント「進もう、東日本! 〜Weiterfahren,Ost Japan!〜」が開催されます。maniacsもこのイベントに協賛しています。入場料は無料でトークショー、チャリティオークション、グッズ販売などが行われます。




このチャリティオークションに、maniacsからは、Golf6 純正LEDテールライトセット by maniacs(通常115,500〜126,000円) 1セットと、Golf5 純正LEDテールライトセット by maniacs(通常67,200〜77,700円+工賃4,200円) 1セットの2品を提供します。maniacsが商品(現物)を提供して、その場でオークションにて販売を行い、売上金は日本赤十字社の東日本大震災義援金に寄付されます。

Golf6LEDテールGolf5LEDテール





LEDテールライトセットは、Golf6用はダークレッドとレッドのお好きな方をお選びいただけます。また車輌は2009年44週以前の車輌でも以降の車輌でもその条件に合わせてお取り付けいたします。Golf5用は日本仕様加工済みとクリア加工済みのお好きな方をお選びいただけます。いずれも取付サービス込みといたします。取付はその場で行うのではなく、後日ご予約の上maniacsにお越しいただいて作業を行います。

オークションですので、どういう価格で落札となるかわかりませんが、通常価格よりも格安に手に入れられる可能性が十分にあると思います。この商品をご検討中の方にはチャンスです。しかも、落札してお支払いいただいたお金は、全額が赤十字の義捐金に寄付されますので、狙っていた商品を格安にゲットしながら復興支援活動にも協力できるという、いろいろな意味で価値のあるお買い物になるかと思います。

チャリティーまた、maniacsではボランティアでスタッフが参加して、チャリティ販売ショップのお手伝いもいたします。工房長も行く予定です。ショップにはmaniacsの商品は予定していなかったのですが、スタッフがお手伝いしながら自分たちの商品がひとつもないのは寂しいので、皆様に幅広くお使いいただける吸水Jワイパー5枚セット(通常1,260円)と洗車用スポンジ CEL-FOAM by maniacs(通常588円)を相当数ご提供しようと考えています。

チャリティ販売ショップでは、協賛各社から提供された多数の商品と、このイベントのために主催者側で用意したチャリティグッズも販売します。それらの売上金も、その全額が赤十字に義捐金として寄付されますので、ご購入いただければ間違いなく何らかの復興支援活動に繋がります。イベント参加や商品購入のモチベーションと、チャリティ協力のモチベーションを、あえて皆様ご自身の中で区別することなしにお気軽にご参加いただければと(私の個人的な意見ですが)思っています。

進もう、東日本! 〜Weiterfahren, Ost Japan!〜
http://1to8.net/blog/wojapan/

チャリティ1工房長です。maniacsでは法人化前の2006年3月から、チャリティによる交通遺児支援団体への寄付を継続しております。みなさまからのあたたかいご支援により、これまでに3回の寄付を行うことができました。本当にありがとうございます。これからも継続していきたいと思います。

チャリティ2この活動の中で、みなさまから「よりチャリティ比率の高いステッカーを!」というお声をいただき、また従来販売していたチャリティステッカーはすでに多くのお客様にお買い求めいただいたこともあり、新作への期待感が高まっておりました。


チャリティ3こうした声に勇気づけられ、この度新作のチャリティステッカーを発表いたします。Always Cool Always Safe. さりげなく、格好良く貼れる交通安全ステッカーの提案でもあり、maniacsの交通安全へのポリシーでもあります。maniacsスタッフポロシャツにもこのポロシーを刺繍しています。

maniacsのチャリティ(これまでの経緯)
新作は全3色で、1枚500円。このステッカーの販売価格はなんと100%をチャリティとして、売上金額の全額を交通維持支援団体に寄付いたします。ステッカーの原価と販売管理費はmaniacsの持ち出しとなりますが、微力ながらこうしたチャリティ活動を企画、サポートし、今後とも継続していけることを嬉しく思っています。皆様のあたたかいご支援をおまちしております。

この新作チャリティステッカーは、Webショップに先行して、FESTで発表・販売開始します。スタッフの業務負荷分散のため、Webショップでの受付は1週間程度後発となりますが、何卒ご理解お願いいたします。

2008寄付金と感謝状など店長&工房長&副店長です。寄付金は、皆様からお預かりしたチャリティにmaniacsからの寄付を加えたものです。ご協力いただいた皆様のお気持ちと共にお届けして参りました。

チャリティ28,950円にmaniacsから71,050円を加え、合計100,000円を、交通遺児育成基金と交通遺児育英会に半額(50,000円)ずつ寄付いたしました。皆様のご支援本当にありがとうございました。

工房長からお届けmaniacsでは、これからもチャリティ活動を継続してまいります。チャリティ金額比率の高いステッカーのご要望など、皆様からのご意見も是非活かして行きたいと思います。

この活動は、続けていくことが大切だと考えています。ドライバー同士の友好と安全運転を祈願するとともに、皆様のあたたかいご支援をお待ちしております。

交通遺児育成基金工房長です。今年は、副店長と私の二人で寄付金のお届けに行ってきました。写真の交通遺児育成基金は東京都千代田区麹町にあります。みなさまからチャリティでお預かりしたお金に、maniacsからの寄付金を加えて、直接手渡しでお届けしました。

副店長からお届け写真(右)が副店長、ちょっと緊張気味ですね。顔出しは初めてですが、意外にひょうきんな感じでしょ(爆)、いつもニコニコ仕事をしている副店長です。交通遺児育成基金では、日頃の活動内容などをいろいろ聞いてまいりました。
(つづく)

店長です。maniacsではステッカー販売等を通じたチャリティ活動を行っており、交通遺児支援団体に寄付を行っています。昨年9月にmaniacsとして2回目の寄付を行い、今年は去る7月8日にmaniacsとして3回目の寄付をお届けに行って参りました。

財団法人 交通遺児育成基金このチャリティおよび寄付活動はmaniacsの法人化前から継続している活動です。たくさんのご協力、本当にありがとうございます。

対象の交通遺児支援団体は二つで、それぞれの団体が特徴を持っています。上写真の財団法人 交通遺児育成基金は未就学の小さいお子さまから19歳までを対象として修学資金などの預託管理を主に行っています。

財団法人 交通遺児育英会下の絵の財団法人 交通遺児育英会は高校生から就業年齢(24歳)までを対象として奨学金の貸付けを主に行っています。学生寮を整備して地方のお子さまの都心部での修学を積極的に支える活動もしています。

両団体とも、交通遺児に単に金銭面の援助を行うだけでなく、心のふれあいを大切にし、健全な成長のサポートに力を入れています。期間誌の発行や、子供が楽しめる催しを開いたり、海外研修なども行っています。(つづく)

感謝状など店長&工房長です。寄付金は、おもに皆様からチャリティのかたちでお預かりしたものです。私たちは、皆様の代理として皆様のお気持ちと共にお届けして参りました。皆様からのチャリティ64,280円にmaniacsから55,720円を加え、合計120,000円を、交通遺児育成基金と交通遺児育英会に半額(60,000円)ずつ寄付いたしました。皆様のご支援本当にありがとうございました。

交通遺児育英会maniacsでは、これからもチャリティ活動を継続してまいります。派手なパフォーマンスではなく、金額的にも大きくはありませんが、続けていくことが大切だと考えています。ドライバー同士の友好と安全運転を祈願するとともに、皆様のあたたかいご支援をお待ちしております。

maniacsのチャリティ

寄付(交通遺児育成基金)店長です。去る9月13日、工房長とふたりで交通遺児支援団体を訪問しました。ふたつの団体は、両方とも東京都千代田区にあります。上写真の交通遺児育成基金は麹町にあり、下写真の交通遺児育英会は平河町にあります。誉れ高き永田町のすぐ隣です。



寄付(交通遺児育英会)みなさまからチャリティでお預かりしたお金に、maniacsからの寄付金を加え、両団体にお渡しいたしました。かしこまってやや緊張気味の店長と工房長です。それぞれ活動内容などをいろいろ教えてくださり、心温まるお話しをたくさん聞いてまいりました。(つづく)

交通遺児育成基金工房長です。maniacsではステッカー販売等を通じたチャリティ活動を行っており、交通遺児支援団体に寄付を行っています。このチャリティおよび寄付活動はmaniacsの法人化前から継続している活動です。たくさんのご協力、本当にありがとうございます。去る9月13日に交通遺児支援団体を訪問して、寄付を届けてまいりました。

交通遺児育英会対象の交通遺児支援団体は二つで、どちらも歴史のある団体です。それぞれの団体が特徴を持っていて、上写真の交通遺児育成基金は未就学の小さいお子さまから19歳までを対象として修学資金などの預託管理を主に行い、下写真の交通遺児育英会は高校生から就業年齢(24歳)までを対象として奨学金の貸付けを主に行っています。

財団法人 交通遺児育成基金
財団法人 交通遺児育英会
両団体とも、交通遺児に単に金銭面の援助を行うだけでなく、心のふれあいを大切にし、健全な成長のサポートに力を入れています。期間誌の発行や、子供が楽しめる催しを開いたり、写真のような学生寮を整備して地方のお子さまの都心部での修学を積極的に支えたりしています。(つづく)

チャリティ工房長です。最近、またチャリティステッカーがよく売れています。チャリティ活動にご協力いただき、本当にありがとうございます。

募金としてお預かりしている分(ステッカー価格の40%分)が、貯まっておりますので、近々再度お纏めして、寄付する予定です。あらためまして、お礼申し上げます。

チャリティステッカー
maniacsのチャリティ
暖かいご支援ありがとうございます
行ってきました
行ってきました(詳細版)

↑このページのトップヘ