maniacs Blog

ようこそ、マニアックスブログへ

カテゴリ: たわごと

IMG_5866IMG_5910IMG_5872








代表です。昨日、 東京オートサロン 2017 を視察してきました!今回は、VWは出展していますが、Audiは出展していませんので、VWのブースを中心に。今回の目玉はなんと言っても、フォルクスワーゲングループジャパン(以下、VGJ)さま自ら、COXさんのパーツを販売する!と発表したことです。もちろん全国のVWディーラーでも購入、取付出来るそうです。

これは、単に「COXパーツを販売するのか、ふーん」と思う方もいらっしゃるかも知れませんが、この20年でこんなことは初めてです。以前、Golf4時代に、やはりCOXパーツがVGJ扱いの時代もありましたが、今回はちょっと違い、私たちも販売しているCOXさんのパーツ、そのものをディーラーでも販売し、私たちアフターマーケットのショップでも並行で販売するという、前代未聞の事態なのです。

 この10年、ちょうどmaniacsが法人化してからの期間は、ディーラーさんで社外品というのは到底ありえない印象でした。しかしその不文律が、2017年の今、VGJさんによって破られました。まさに、チューニング元年という印象です。maniacsとしても創業以来販売を続けてきたCOXさんのパーツが採用されたことは本当に嬉しく思います。

もちろん、これで何でもOKという訳ではありませんが、少し開かれたことは喜ばしいと思います。オートサロンは、1月14日、15日と幕張メッセで開催中です。

参考記事:
【東京オートサロン2017】「COX」と「Oettinger」がVWをエキサイティングに変える!

 イタリアツアーに参加しました!その4 の続きです。

はい、なかなか進みませんが、その5です。いよいよO・Zイタリア本社工場に入ります。

IMG_3371工場のライン見学は、このような感じで各セクション毎に見学者用のプレートがあり、そのプレートで、そのラインで何が行われているかの記載があります。左の写真は、O・ZのHLTという加工工程の部分です。HLT(フローフォーミング)は、鋳造したホイールを回転させながら、ローラーで熱間鍛圧加工して、リム幅の板厚・形状を完成品と同等まで成形する製法のことです。

IMG_3374例えば、左の写真。左のホイールはHLT加工前の状態です。右のホイールはHLT加工後。なんとこれだけ伸ばしているのですね。結構驚きました。HLTにより、鍛造に匹敵する剛性と柔軟性を実現出来るとのことでした。




IMG_3368
左の写真の一番手前は、maniacsでも人気のLeggera-HLTなんです。このようにスポークの間には、これから手作業で取らなければならないバリがあります。HLTの場合、簡単に書きますが、熱かけてリム伸ばして、バリも取って、塗装して、塗装チェックして、塗装修正して、最終チェックして出荷されます。正直、工数かかり過ぎじゃないの?と思ってしまいました。しかもやたら手作業が多いのです。最終の仕上げやる方なんで、ずーっとホイールの最終チェック専門で行ってまして、かなりの数の道具を使って1本、1本仕上げていました。

と...ここまで書いておいて、あまりいい写真がないので、ご興味ある方は下の動画をご覧ください..上記の説明をお読みになってあとでご覧頂くとつながり感が出ると思います。.



では、またいつが時間がある時にアップします!

・Z イタリアツアーに参加しました!その3 の続きです。

はい、なかなか進みませんが、その4です。いよいよO・Zイタリア本社に入ります。

IMG_3359IMG_3360門を入るとこんな感じで、入り口が出てきます。ここは一般の方に開放している訳でもなく、店舗でもありません。あくまでもオフィスなので、オフィスらしい作りになっています。右側の写真はちょっと暗いですが、従業員の通勤車と思われる車両がずらりと並んでいます。

並んでいる車両は、Volkswagen Group率が高い印象でした。それもモータースポーツでの強いつながりがあるからでdしょうか...。

IMG_3362IMG_3363最初に通されたのは、このようなちょっとしたギャラリー兼プレゼンテーションルーム。と言ってもかなり広く、現行モデルのホイールがずらり、そして45周年記念で発売された「Anniversary 45」と、その原型の1971年に発売された、記念すべきO・Z初のモデル「MINI」が展示されていました。

「Anniversary 45」は実はブラックだけでなく、Fiat 500の車体色に合わせたオーダーも出来るようでした。

この後、その3にて公開して動画を参加者皆で視聴し、いよいよ工場の見学へと続いて行くのでした...。
しかし、この時点で私自身、このような連載をすることを全く考えていませんでしたので、写真があまりありません。次回は、その数少ない写真で、なんとか工場の様子をお伝えしたいと思います。

 では、またいつが時間がある時にアップします!

O・Z イタリアツアーに参加しました!その2 の続きです。

さて今回のメインイベント、O・Z イタリア本社(工場含む)の見学ツアーです!
そして、ジャパンチーム(以下、JPチーム)とアメリカチーム(以下、USチーム)が一同に集められ、ミーティングといいますか、オリエンテーションといいますが、ブリーフィングといいますが、とにかく本社の方の説明が始まりました。そこで最初に上映されたのが、以下の動画。



この動画は、先日行われた「O・Z Fun Meeting」でも流れました。私自身は、他の機会でも何度かみた動画なのですが、最初に登場するクラウディオ・ベルノーニ代表が発声する「Welcome to OZ!」の意味が、この動画の撮影されている「この場所」で、この「動画」をみて、初めてシンクロしました。はい、O・Zにやってきたのです!

という訳で、その3はこれでおしまいです。まだひっぱるのかーという感じですが、まずは上記の動画を大画面でしっかりご覧ください。O・Zの世界観が伝わると思います。では、またいつが時間がある時にアップします!

O・Z イタリアツアーに参加しました!その1 の続きです。

初日はホテルチェックイン後、数時間後にロビーに集合で食事に行くということで、シャワーを浴びて着替えます。集合まで時間があったので、近所を散策。当たり前ですが、町並みが欧州、走っている車も欧州車だらけで、ようやく「イタリアに来たんだ!」と実感しました(笑)。個人的には、こういうツアーとか、社員旅行のようなスケジュールが決まっている旅行は苦手なので、いままでの人生、なるべく避けてきたのですが、なかなか欧州に行く時間もない現状。これはチャンスと、家族の了解も得られたので参加したのでした。

IMG_3319レストランに到着。なかなか素敵な佇まい。これは期待できそうです!この1回めのディナーは、O・Zイタリア本社スタッフと、日本からのツアーメンバーがメインでした。左の画像のようにメニューにもO・Zのロゴが!なんというホスピタリティ!と感激。やはりゲストを迎えるというのは、こういう細かい気配りも大事だなと勉強になりました。

そして乾杯!北イタリアでは、まず一杯目はスプリッツ(Spritz)みたいで、どこでもこれを飲んでいます。スプリッツは赤い飲み物で、カンパリ+白ワイン+炭酸がメジャーなレシピのようですが、お店や地域でもその中身は異なるようです。これまた写真がなくすみません。

スプリッツ→プロセッコ→白ワイン→赤ワイン→食後にグラッパという感じでした。私は、元々お酒に弱いこともあり、スプリッツを2口くらい飲んだところで猛烈に睡魔が...

IMG_3860この写真では、なぜかお誕生日席(笑)に座っていますが、この時、眠さマックスで、起きているのがやっとでした。確か現地時間22時頃で、日本時間では朝5時頃です。イタリアではお誕生日席に座っている人が支払いをするんだよー!と何度もからかわれましたが、これまた寝ないようにするので精一杯で、面白い返答のひとつも出来ませんでした。そして、何を食べたのかもよく覚えていません...(涙)



という訳で、次回は、いよいよO・Z本社の見学内容です。もうこんなグダグダの話はしませんので、ご安心ください。 では、またいつが時間がある時にアップします!

代表です。先日、イタリアのホイールメーカー、O・Zさんのお誘いにより、O・Zイタリア本社の見学ツアーに参加して参りました! イタリアに行くのは初めてのことで、そしてO・Zイタリア本社も、もちろん初めての訪問です。一体、イタリアでは何が待ち受けているのか?とドキドキ、ワクワクで日本を出国しました。O・Z最寄りの空港は、あの世界的な観光都市であるヴェネツィア(伊: Venezia )にある、ヴェネツィア・テッセラ空港(伊: Aeroporto di Venezia-Tessera, 英: Venezia Tessera Airport)です。

さて今回はエミレーツ航空にて、ドバイ経由で ヴェネツィア・テッセラ空港に入りました。なぜか空港付近の写真は撮っていないのですが...ヴェネツィアからO・Z本社近くのホテルに向かいます。その辺りの写真をパチリ!(あまりいい写真ではなくすみません...) どこに行っても、どういうクルマが走っているのが気になるのは商売柄でしょうか。実際に多かったのは、さすがイタリア、Fiat500とFiat500L、Lancia Ypsilon(ランチアイプシロン)です。Alfa Romeoも多いのかな?と想像していましたが、この辺りにはあまり走っていませんでした。代わりに多かったのは、RENAULT車全般。特にCLIO(日本名ルーテシア)が多かったです。VWは少なく、Audiの方が多いような印象でした。またディーゼル、M/Tが多かったのが、やはり欧州という感じです。

IMG_3385IMG_3328









左の写真は この辺りの市民の憩いの場?夕方になると、多数のクルマが駐車場もないのに、なんとなくキレイに駐車しています。

右は私たちを迎えにきてくれたのRENAULT Trafic。もちろんディーゼル、M/Tでした。1回目はこんな感じで!また時間ある時に更新します。よろしくお願いします! 

sakura2014








maniacs STADIUM の近くに小川と遊歩道があり、春先は花々に彩られます。maniacsのスタッフも毎年それを楽しみにしています。桜は今日がちょうど満開です。お天気も予報をものともせず上々で、まさにお花見日和ですね。

IMG_4184DSCN2340春爛漫。入学や就職の話題も多く聞こえてきます。そういう大きなイベントがなくても、何か新しいことを始めたいような、ちょっとそわそわした気分になりますね。


そんな+α気分にサラッとお応えできるように、maniacsはたくさんの新商品や新企画をご用意して、いつも新鮮な気持ちでこれからも頑張ってまいります。っと、満開の桜を見てちょっと意気込みを綴ってみたくなりました。今後ともmaniacsにご期待ください。
maniacs webshop

aP1261690pP1261701t






工房長です。先日のブログでGolf4が4台集合したのをご紹介しましたが、右のシルバーの車はmaniacsの社用車、左のアンスラサイトのは工房長が普段乗っている車、真ん中のブルーとレッドの2台はお客様の車両です。

Image2045月茂木GTI倶楽部テント






今ではお客様ですが、じつは10年近く前、まだmaniacsがオーナーズコミュニティだった頃には、一緒にイベントをやって楽しんだ仲間でもありました。ブルーのGTIのオーナーさまが、今回の記念写真と一緒に、以前の懐かしい写真を送ってくださいましたのでmaniacsの創生期をチラッとご紹介します。

画像 055画像 056






これは、2004年にツインリンクもてぎで開催されたVW FESTの写真で、オーナーズクラブとしてテントを出させていただきました。以前に紹介したこんな記事がありました。maniacsは2006年に法人化し、そのときのコンセプトなどをmaniacsの理念という少し大げさなカテゴリー名でアーカイブしています。

p1


















2007〜2008年には、縁あってGolf_GTIカップカー(ゼッケン66)を応援させていただくことになり、2008年に富士スピードウェイで開催されたVW FESTにはこんな感じでブースを出店させていただきました。思えば10年、本当にたくさんの方に支えられて今日までやってこれました。・・・っとちょっと懐かしくなって少し振り返ってみました。

変化してはならないものは大切に、変化すべきは大胆に。これからも、maniacsにご期待ください。

P1200819P1200821P1200825






工房長です。本日、maniacsでは2014年の出荷始めでした。昨年の大晦日から三元日まで4日間のご注文を出荷しました。いつになく膨大な出荷数で、ヤマト運輸さんには5回も集荷にきていただきました。写真は、1回目、2回目、3回目の集荷の様子です。4〜5回目は、もう写真を撮る余裕もなく出荷作業を頑張りました。

年明け早々に出荷チームはフル稼働で、嬉しい限りです。新年の幸先良いスタートとなりました。お正月期間中に本当にたくさんのご注文をいただき、ありがとうございます。心より御礼申し上げます。商品の到着まで楽しみにお待ちください。

P1200829









本日ご注文分からは、通常通りのリードタイムで出荷できます。送料無料は本日一杯ですので、是非ご利用ください。



店長です。予定通り、VW Golf7 GTI、国内発表となりました。最近のヒット曲ではありませんが、発表になる前からネットでの動画、画像、情報が多く、発表になったことには見慣れているという新型車。まあ、これも情報格差がなくなったということでしょうか、個人的にはもう少し隠して欲しいです(日本はどうしても本国発売後になりますので、無理な話でしょうけれど。でもAppleは世界同時ですよね!)。

しかし、この新しいゴルフGTI。実によく出来ています。好き嫌いの話になるといろいろありますが、FFハッチバック車をスポーティに仕立てるという分野では間違いなくトップクラスですね。ゴルフRとAudi S3はFFベースですが、四輪駆動ですので、ちょっと異なります。

maniacsのようなアフターパーツ屋さんとしては、今までのドレスアップ、カスタマイズは、もうすでに施されていますので、どうすれば、もっと格好良くなるのか、もっと走りをよくすることが出来るのか、は悩ましいところですが、やはりベース車両の出来がよくないと、結局は満足度が長続きしません。なので、そういう意味ではドキドキのワクワクです!

ゴルフGTIが日本デビュー! - 8speed.net

【試乗記】ゴルフGTI - 8speed.net



Facebookページでも好評だったので、こちらにも貼ります。野暮な説明は不要だと思いますので、まずはご覧ください。とにかく、セバスチャン・オジェ(Sebastien Ogier)が最高です。



WRCラリーモンテカルロハイライト。ご存じのように今季から、VW Polo R WRCが参戦しています。いや〜、とにかくしびれます。何度観ても、いいですね。ところで市販が決まった、VW Polo R WRCは日本で発売しないんですよね...。



2010年にご紹介した動画です。ブログの記事を整理していて、見つけて懐かしく見入ってしまいました。当時のmaniacsのコメント「とても興味深く、楽しい動画に仕上がっています。自動車メーカーがこんなことを行うのは珍しいと思いますが、フォルクスワーゲンなら、なぜか納得してしまいます(笑)」

本当にそうですね。個人的にとっても好きな動画なので、再掲してみます。当時Golf5GTIのイメージキャラクター"FAST"に掛けたプロモーションなのですが、それを忘れて単純にこれだけ見ても十分楽しい気分になれます。そして、Are you ready for the FAST LANE?というタイトルが、なんとも洒落ています。

当時ご覧になった方は懐かしく、ご覧になっていない方は新鮮にご覧ください。

↑このページのトップヘ