maniacs Blog イメージ画像

開発中

maniacs 工房長 大谷です。先日ご紹介しましたシフトブーツ・バングル。VW用は仕様も決まって、製品の製作に取り掛かっております。Audi用も、追っかけすぐに発売できるよう鋭意開発中です。Audiはシフトシャフトが短めで、ブーツの裾幅も狭く、タイトでお洒落な感じのシフト
『シフトブーツ・バングルは、Audi用も!!』の画像

maniacs 工房長 大谷です。Golf7/7.5で好評をいただいておりますMCBのAudi S3ようを開発しております。maniacsのデモカーS3をアイシン精機さんにお預けし、プロトタイプの製作と装着、数100kmの走行テストを終えて、戻ってきました。プロトタイプから製品として発売できるよ
『Audi S3用MCB開発中!!』の画像

maniacs 工房長 大谷です。大人気のレザーキーシェルに続く革茶屋さんとのコラボレーション第二弾として、新商品を開発中です。名付けてシフトブーツ・バングル。その名の通り、シフトブーツに巻くためにデザインしたバングルです。0次試作、1次試作まで行い、間もなく製品化
『シフトブーツ・バングル 開発中!!』の画像

工房長です。新商品を開発中です。試作品ができ上がってきて、とっても良い感じですので、ちょっとご紹介します!!商品の全体像は、こんな感じです。ちょっと可愛らしい形とサイズのラグマット。フロアマットの素材と製法で作っていますので、しっかりとした質感で、手に取
『ドアポケットラグ、開発中!』の画像

工房長です。maniacs Bonnet Insulator Retainingは、VW/Audiオーナーの皆様の「かゆいところに手の届く商品」として大反響をいただいており、ありがとうございます。先日入荷のセカンドロットも即日完売してしまい、現在Wタイプ、Sタイプの単品、2個セットの全て売り切れ状
『maniacs Bonnet Insulator Retaining 量産化試作』の画像

工房長です。お待たせしました!ご要望いただいてから少し時間が掛ってしまいましたが、Arteonエレガンス用のデコラティブスイッチが完成しました。Arteonで上段がステアリングヒーターのスイッチになっている車両に適合します。下段はクイックホーンのスイッチです。中2段は
『Arteonエレガンス用、ステアリングヒーター付きのデコラティブスイッチ開発完了!!』の画像

工房長です。お問い合わせを多数頂戴しております、アイドリングストップキャンセラー。先日、開発と評価を完了して、現在1stロットを製造しているところです。間もなく入荷し発売できると思います。この商品の最大の特徴は、イグニッションをONにした際の初期状態が「アイド
『maniacsアイドリングストップキャンセラー開発完了!!』の画像

工房長です。以前にご紹介しました「maniacsらしいアイドリングストップキャンセラー」の開発、着々と進めております。イグニッションON時にアイドリングストップはキャンセル状態で起動し、以降は普通にスイッチでON/OFFできるという便利で分かり易いシンプルな構成です。バ
『アイドリングストップキャンセラー開発中!』の画像

工房長です。maniacs Leather key shell、Audi用2種類を発売して、その後の開発記をアップしておりませんでしたが、VW用の発売に向けて開発自体は着々と進めております!(その6)以降の進捗をご紹介します。maniacs Leather key shellの特徴はなんと言っても革を立体形状に
『maniacs革製キーカバー開発中!! (その7:CAD/CAM技術を投入)』の画像

工房長です。関東では暑い日が続いていますが、猛暑でもブレーキを積極的にクーリングして、安心してドライビングを楽しめるよう、ブレーキ冷却導風板のby maniacs強化バージョンを開発中です!このパーツは、もともとAudiのRS3等に採用されている純正パーツで、フロントサス
『ブレーキ冷却用導風板のExtended by maniacsを開発中!』の画像

工房長です。maniacsでは、ハードウェア式のアイドリングストップキャンセラーを開発中です!!プロトタイプは、写真のようにかなり大き目の紙製の箱ですが、製品化の際にはmaniacs製の各種モジュール(クイックホーンモジュール等)と同じサイズになる予定です。アイドリン
『maniacsらしいアイドリングストップキャンセラーを開発中!』の画像

工房長です。開発完了しました「maniacs レザー・キー・シェル」、昨日ご紹介しましたAudi-Cタイプに続きまして、Audi-Aタイプをご紹介します。このAudi-Aタイプは、A4(8W) A5(F5) TT(8S) Q7(4M)等のスマートキーに適合します。下の写真の形状のキーです。Audi-Cタイプと同様
『maniacs レザー・キー・シェル 発売間近!!(Audi-Aタイプのご紹介)』の画像

工房長です。開発記の(その6)で製造工程の様子をご紹介して、このキーカバーの成り立ちを説明しきった感があります。2万文字を超える、たぶん世界一長いキーカバーの説明になったに違いありません。っというわけで、開発記を終了して、あらためて商品説明をいたします!!m
『maniacs レザー・キー・シェル 発売間近!!(Audi-Cタイプのご紹介)』の画像

工房長です。前回(その5)では、このキーカバーの主に設計面を説明しました。話の中で革茶屋さんの拘りもご紹介しましたが、今回は実際の物づくりの様子をご紹介します。後半は「コバの磨き仕上げ」について少し深く語ってみます。今回、かなり詳細な取材写真の掲載を、特別
『maniacs革製キーカバー開発中!! (その6:手仕事とは)』の画像

工房長です。前回(その4)で、黒い革の選定を熱く語り過ぎた感がありますが(笑)、そのリオダブルバットで作った一次試作品の評価と、二次試作に向けての改善を今回も深くご説明します。さて、じつは革茶屋の荻原さんはAudiユーザーでもあり、もともとそのご縁でお知り合い
『maniacs革製キーカバー開発中!! (その5:シンプルを極める)』の画像

↑このページのトップヘ