maniacs 工房長 大谷です。先日発売になったばかりの、OPTIMIZE maniacs sound system ver.2 for Golf7/7.5。すでに何台か装着させていただき、オーナーさまから大好評をいただいております。

001003









Ver.2への変更にあたり、実は新規開発に近いくらいの徹底した実車評価を再度行いました。商品名は「Ver.2」が付いただけですが、サウンドは大きく進化、向上しております。試作装着の時点でスタッフも絶賛で、実力十分と感じておりましたが、実際に製品を装着されたお客様から高評価をいただけるのは、私たちも格別の喜びです。

004007









Ver.2への進化の最大のポイントは、使用するスピーカーユニットを変更したことです。従来のOPTIMIZE maniacs sound system はJBLのスタンダードモデルをベースにしていましたが、Ver.2はJBLの上級モデル STADIUMシリーズを適用しています。それに合わせてクロスオーバーネットワークの専用セッティングもGolf7.5の実車装着にて全てやり直しています。

JBLでは、メーカ出荷時のネットワーク設定を勝手に変更して「専用チューニング」等で販売してはいけない制約があります。専用チューニングを施した状態で「JBL製」と銘打って販売することを許されたオーディオマイスターは、日本国内には選ばれた数名しかおりません。

005008









OPTIMIZE maniacs sound system ver.2は、その専用チューニングを正規に認められたオーディオマイスターが、スピーカシステム全体をコーディネートし、実際にGolf7.5の車両に装着した状態でネットワーク回路を決めています。そのことを称して商品ページの説明に「カーオーディオの匠によるネットワークチューニング」と記述しています。

例えば、フロントのトゥイータはAピラーの装着部をそのまま活かしてその内部にノーマルと同じ配置でJBLを装着し、車両本来の音響特性を最大限に伸ばしています。一方、リアのトゥイータは前席乗員の耳と近いため、無用にキンキンした高音が耳に響く傾向があり、これを解決するためレイアウトを変更しています。純正のトゥイータ装着部を使用せずに、あえてコアキシャルの2Wayに置き換えることで、音質だけでなく音像も大幅に改善しているのです。

002006









OPTIMIZE maniacs sound system ver.2の音質が純正ノーマルの状態から向上する要因は大きくは3つあります。1つ目はジュラルミン削り出しの高剛性バッフルで低音〜中音域が引き締まってソリッドになること、2つ目は前述のリアトゥイータのレイアウト変更と専用ネットワークチューニングで車両に対する音響特性を最適化しこと、3つ目はJBL製ユニット自身が持つ明快で力強い、生き生きとしたサウンドです。

1つ目、2つ目と相乗し、3つ目のJBLスピーカーユニットこそがサウンドを決定づける要素なわけですが、従来のOPTIMIZE maniacs sound systemは「JBLらしさ」を前面に出したサウンドづくりで、ノーマルのモヤッとした感じをクリアかつビビッドにする音質向上効果だったのに対して、Ver.2ではJBLらしいシャキッとした明快さをベースに、さらに高音の繊細さと伸びやかさ、中音の瑞々しさと奥行き、低音の力強さと重厚さを加え、全音域で総合的かつ大幅なグレードアップを味わえるサウンドになっています。

gd15463-m-03-dlgd15463-m-01-dl







OPTIMIZE maniacs sound system ver.2 for Golf7/7.5


maniacsが自信を持ってお奨めするスピーカーシステムです。軽快でメジャーな曲も、スローでマイナーな曲も、その細かなニュアンスまで余すところなく生き生きと再生します。純正スピーカーの音の輪郭や透明感などに満足しきれないオーナー様は、ぜひお買い求めください。