maniacs工房長 大谷です。maniacs ドアポケット・ラグを昨夕に新発売しましたところ、早速メールとお電話で複数件の同じお問い合わせを頂戴しました。

010011









COXドリンクホルダーと「併用可能ですか?」というお問い合わせです。COXドリンクホルダーはmaniacs Webshop およびSTADIUM店舗でもベストセラー商品で、相当数を販売しましたので当然のご質問ですね。左写真の左がドリンクホルダー、赤い縁取りのがドアポケットラグです。ドリンクホルダーを装着したドアポケットは、右写真のようになっていると思います。

012-1012-2









早速、実車で試してみました。結論から言うと問題なく併用できます。以下、ドリンクホルダーを既に設置してある場合のドアポケットラグの装着方法を説明します。まず最初にCOXドリンクホルダーを持ち上げます。左写真のように手で持って軽く引き上げると右写真のように少し浮きあがって、下に隙間ができます。

COXドリンクホルダーは下面に粘着テープがあり、ドアポケットにその粘着テープで貼っている方と、貼らずに装着している方がいらっしゃると思います。貼っている場合でも、ドアポケットの内装底面は起毛のカーペット状の素材にガッチリ粘着しているわけではないので、引き揚げれば比較的簡単に剥がれて浮かせることができます。

013-1013-2









ドリンクホルダーを2cmくらい持ち上げたら、その隙間にドアポケットラグを滑り込ませるようにして差し入れます。簡単にスルスルと入っていきます。先端が当たるまで差し入れたら、そのままラグの後ろ半分をドアポケットの底面に納めればOKです。

念のため、レッドのものとシルバーの両方で試しましたが、もちろんどちらも同じように装着できました(笑)。あとは、ドリンクホルダーを下前方向に押し込んで、回転方向も向きもドアポケットの形状に合わせて整えて、安定させます。以上で完了。簡単です。

014-1015-2









っで、併用で装着するとどんな感じの見栄えかと申しますと、COXドリンクホルダーは意外とスケルトンな構造なので、ドリンクを置いていない状態ではラグのロッキングが隙間から見えます。

隠れてしまってラグを敷く意味がない、というようなことはなく、このページの最上段右の写真と比較していただければ分かるように、ラグを敷いただけのお洒落感、上質感がちゃんと発揮されています。併用により機能性を両立できて、見た目もカッコ良いので、COXドリンクホルダーを設置済みのGolf7/7.5にもドアポケットラグはお奨めです。

maniacs ドアポケット・ラグ(商品ページ)