工房長です。先日ブログの「入荷のお知らせ」で掲載しました、Valeo Golf5 LEDテールライトセット by maniacsが久しぶりに入荷して、現在「在庫あり」です。

008hidari008migi









2006~2008年ごろ、Golf5全盛のころに相当の台数に装着させていただき、Webshiop通販でもコンスタントに売れておりました。maniacsはおそらく、この商品を日本で一番売ったかもしれません。実際、装着するととてもカッコ良いです。そして、点灯したときにはさらにカッコ良い。奥行き感と透明感のあるデザインは非常に秀逸で、キレの良い点滅は小気味よく、今見ても新鮮に見えます。

001002









この商品、maniacsでは「日本仕様加工済み」として販売しています。もともとはVWのオプションで設定された正真正銘の純正部品ですが、当時から右側通行用しか存在せず、それを輸入して左側通行用にしています。つまり、ハッチ側のレンズの、レッドとクリアを左右で入れ替えるわけです。

003004









当時、他でも類似の左右入替加工をしてmaniacsより幾分安く販売されているもの等もありましたが、maniacsは独自の加工方法で全く純正のままの状態と遜色なく仕上げており、ご好評かつ人気でした。加工は全て工房長自身が行っており、今回は久しぶり(1年以上ぶり?)の作業でやり方を忘れてしまった感じでしたが、過去に物凄い数をやったので、いざやり始めたら体が覚えていました。

004005









具体的な加工方法を詳細に紹介したことはないのですが、そろそろ時効ですので(笑)写真入りで工程もご紹介しちゃいます。まずはハッチ側レンズのリフレクターを左右とも外します。溶着でかしめてあるので、その溶着部分をニッパーで切って取り外します。ちなみに、全盛期の入荷品は超音波溶着されていましたが、2012年を過ぎたあたりからの入荷品は、工場で生産工程を縮小したと思われ熱溶着になっています。

005006









レンズは最外側の透明レンズの内側、フロントリフレクターの中心部に、クリアの放射状のレンズ(1枚目)と、さらにその内側にレッドまたはクリアの縦縞の散光レンズ(2枚目)があります。この内側の2つともを外します。取り外した最内側の縦縞のレンズは、フランジ部分を綺麗にカットします。

ポイントは、左右を入れ替えて装着する際に、1枚目のレンズは回転しないように正確に元通りの向きで、2枚目のレンズのみ左右を入れ替えると同時に180°回転させて装着しています。内部の回転防止の突起を部分的に切除することで、正確な向き合わせができます。リフレクターは4個所をホットボンドで仮固定してから、強力接着剤で完全固定します。あとは、リフレクターを戻して、元以上に綺麗に熱溶着でかしめます。

007













こんな感じに、元通りに組み立てられ、純正そのままの出来映えで、綺麗に左右が入れ替わって仕上がります。Golf5にはグレードに関係なく装着できて、時代を超えた新鮮なカッコ良さ、高級感と上品さがアドオンされます。今でも変わらず自信をもってお薦めできる商品です。ちなみに、全盛期は8万円以上していましたが、現在はVW純正供給ベンダーのValeo社からの直接供給となったため、商品はそのままでお求め易い価格になっています。

Golf5に長くお乗りのオーナーさまも、セカンドユースでGolf5を愛車にされたオーナーさまも、この機会にLEDテール化で上品なドレスアップは如何でしょうか。

Valeo Golf5 LEDテールライトセット by maniacs(日本仕様加工済)商品ページ

装着方法は、商品ページからリンクがございます。詳しく書いてありますので、ぜひご参照ください。