工房長です。maniasc Blogに「エンジンオイルレベル確認方法と補充方法」という記事があり、ちょうど2年前に掲載したのですが、それ以来ずっと人気記事上位に君臨しています。なんとかそれを超える人気記事を書こうと頑張るのですが、不死鳥のようにしつこく上位に食い込み続ける、恐ろしい人気記事です(笑)。
エンジンオイル1



















公認サポーターのじぇいさんが執筆して、わたくしが要所を補足した記事で、自分で言うのもなんですが、たしかにベーシックなことを丁寧かつ正確に書いてある良い記事です(笑)。「それにしても」と思ってちょっとサーチしてみましたら、Yahoo知恵袋などからもリンクされていたり、国産車のオーナーさまも参照してくださってるようで。広く皆様のお役に立てて、嬉しい限りです。

エンジンオイル2













それが、先日じぇいさんからのメールで「気になることが」と書かれていて、VW(ジャパン)公式サイトの「日常点検」のページに、エンジンオイルのレベルは「始動する前のエンジンが冷えた状態で点検してください」と書いてあると。「えっ?」見ると確かにそう書いてあります。maniacsの超人気記事(笑)は車両の取扱説明書に沿って「通常運転時程度の温度にまで温めた状態で」と書いており、まるで真反対です。

とは言え、結論を先に書きますと「一晩停めておいた車のエンジンを掛ける前にオイルレベルを測る」のと、「チョイ乗りでエンジンを温め、エンジンを止めて約5分後にオイルレベルを測る」のとで、結局はほぼ似たような結果が得られます。温間で測る方が理屈としては正しいと思うのですが、日常点検の目的のためには実際はどちらの方法でも大差なく、自宅の駐車スペースが水平ならば「冷間」の方が面倒が少ない分だけ実用的と言るかもしれません。

エンジンオイル4









理由は、以下のようなことです。エンジンを始動すると、オイルはオイルパンからポンプで吸い上げられてエンジン各部に循環します。1~2リットルはエンジン各部を巡っており、オイルパンのオイルレベルはその分だけグッと低くなっています。やがてエンジンが温まるとオイルは膨張して量(=体積)が増えますますが、エンジン回転中は引き続きオイルは各部を巡っていますので、メンテ目的のオイルレベルを云々できる状態にはありません。

その状態からエンジンを停止して5分くらい安静にすると、各部に回ったオイルの大半がオイルパンに戻ってきます。しかし、複雑な形状のエンジンヘッドや流路内にはそれなりの量のオイルがまだ残っていて、短時間で全部はオイルパンに戻りきれません。何十分も待つのは大変だし、待ち過ぎたらせっかく温めたオイルがまた冷めてしまうので、だいたいオイルパンに戻れば良いだろう、ということで5分くらいで測ります。この状態が温間でのレベルチェックです。

その状態から一晩を経過すると、エンジン各部に残っていたオイルは時間を掛けてゆっくりと低きに流れ、翌朝には戻れる分はほぼ全てオイルパンに戻っています。その分だけオイルレベルが僅かに上がります。一方で翌朝にはオイルは冷えて膨張の増量分が元に戻り、その分だけレベルが僅かに下がります。これら増分と減分でその大部分が相殺するため、温間の安静5分後と結局は似たようなレベルになります。状態は全く異なりますが結果だけ見れば大差なく、2つの測り方の違いはレベルにして1〜2mmだと思います。

エンジンオイル3



















いろいろやって見るとわかりますが、スポーツ走行や高速走行でエンジン全体が高温になった状態から停止して20〜30分くらい経ったときに測ると一番レベルが高くなっています。逆に一番レベルが低いのは(エンジン回転中と停止直後を除けば)エンジンが完全に冷えている状態で始動して30秒くらい空ぶかしをして、エンジンを停止して5分後に測ればグッと低く出ます。オイルが低温のまま膨張しておらず、粘度も高くてなかなかオイルパンに戻らないからです。

公式サイトで取扱説明書と異なる記述になっている意図は分からないのですが(じぇいさんが軽くVGJに問い合わせてみましたが、分からず)「より安全に、簡単に、誤差を少なく」という意味では、朝一の始動前に確認する方が実用的かもしれません。理屈は温間の方が正しいのですが、毎回同じ油温に暖機ができなかったり、5分安静と10分安静ではレベルが違って見えたり、温間で測るのは意外と難しいです。maniacsとしてはあえて理屈には拘りませんので、どちらでもお好みの測り方で問題ないと思います。