工房長です。本日発売予定のmaniacs DSG Paddle Extension TSI standardの装着方法を、先にご紹介します。装着はとても簡単です!maniacs DSG Paddle Extension TSI standardには専用両面テープが2セット付属しており、このうちの1セットを使用して装着します。もう1セットは予備です。万一失敗してもやり直せますので、安心です。
両面テープ貼付位置














専用両面テープの1セットは4ピースで構成されていて、それぞれmaniacs DSG Paddle Extension TSI standardの装着部に合う形状にカットされています。それぞれ、貼付位置と向きのとおりに台紙上に乗っていて、写真のような対応関係になります。形状を良く見て、配置関係を把握してから貼るようにしてください。

両面テープは、写真のようにmaniacs DSG Paddle Extension TSI standardの商品の方に貼り付けてください。その際、貼付位置は半丸上の突起および線状の突起がガイドになります。両面テープの外形は貼付位置のガイドに対して、周囲1mm程度の余裕を持って少し小さめにできています。ガイドの突起に両面テープが乗らない(掛かからない)ようにご注意して貼ってください。

作業場の注意としましては、両面テープは密着性に優れた3M製のソフトタイプのものを使用しています。このため、手指に貼り付きますと、テープが延びて形状が崩れてしまう場合があります。できるだけ粘着面に触れないように注意して、手指に貼り付かないように作業を行なってください。写真の状態に貼れたら、あとは表面の剥離紙を剥がして車両のパドルに合わせて圧着してください。

圧着は、上側、下側、それぞれ両面テープのある位置の真上を10秒くらい時間を掛けて押さえ、車両のパドルにじっくりと押しつけるようにしてください。それで装着完了です!両面テープが十分な接着力を発揮するまでは時間がかかりますので、装着の直後は引き剥がす方向に力を加えないようにご注意ください。数日で所定の接着力になります。

なお、専用両面テープの接着力は万一の際に車両部品や運転者の身体に危険な力が加わる前に両面テープ部から安全に外れるように設定しています。通常のパドル操作では外れてしまうことはありません。取り外したい場合は、引き剥がす方向に強めの力を掛けると外すことができます。