皆さん、こんにちは。maniacs公認サポーターのじぇいです。今回はGolf7のフロントドアポケットに追加できるドリンクホルダー2種の取付方法をご紹介いたします。一つ目はCOX Golf7ドリンクホルダーです。ドリンクホルダーに特化した商品で、使い勝手が非常に良い製品です。車種別専用設計ですので、フィット感もばっちりです。二つ目はVW Golf7 ドアサイドポケットです。ドリンクホルダーの機能以外にも、小物類を細かく分けてドアポケットに収納することが出来るようになる商品です。VW純正商品ですので、こちらもフィット感は問題なく、安心してお使いいただけいる商品となっています。

Golf7_DRH_01それではCOX Golf7ドリンクホルダーからご紹介していきましょう。まずは商品パッケージです。左右のドリンクホルダーに取説が一枚付属している、シンプルな内容となっています。
またドリンクホルダー部には可動するフラップが付いていますので、太缶だけでなく細缶もサポートすることが出来るようになっています。
Golf7_DRH_03本商品の裏には両面テープが貼られています。しっかりと固定したい方は剥離紙を剥がして、両面テープにて接着すると完全に固定することが出来ます。ですがドリンクホルダーに貼られたクッションゴムが結構きっちりとドリンクホルダーをサポートしますので、後々ドリンクホルダを掃除などで外すかもしれないと思われる方は、両面テープを使用しなくても十分しっかりと固定できると思います。一度両面テープなしで固定してみて、固定力に不満があるようでしたら(または経年劣化でスポンジゴムがヘタってきたら)両面テープで固定する、といった方法でも良いと思います。

Golf7_DRH_05それでは商品を取付けていきましょう。まずはドリンクホルダーを左写真のように立てた状態でドアポケット内に挿入します。ドリンクホルダーは運転席用と助手席用で形状が異なっていますので、間違えないようにしてください。


Golf7_DRH_07ドリンクホルダーをドアポケットの中で回転させますが、そのままですとスポンジゴムがつっかえて上手く回転できないと思います。左写真のように片手でドアポケットを広げながら回転させると、上手くいきます。


Golf7_DRH_09上手くドリンクホルダが回転できたら、前方に押しつつドリンクホルダーを下に押し付けて安定させます。両面テープで接着する場合は、両面テープがまだ接着しないように少しだけドリンクホルダーを浮かせながら前側に押し、最後にドリンクホルダーを下に押し付けて両面テープを接着させると良いです。

Golf7_DRH_11正しくドリンクホルダーが取付いた状態です。初めはうまくドリンクホルダーが回転できないかもしれませんが、慣れると、ものの1〜2分で装着できると思います。



Golf7_DRH_13COX Golf7ドリンクホルダーの特徴として、ドリンクホルダーに特化して、その機能性にこだわっていることが見て取れます。左写真のように太缶のみならず、細缶もサポートすることが出来ます。またドリンクホルダー自体は小型に作られていますので、残りのドアポケットにはボックスティッシュが納まるほどのスペースがあります。ドリンクを置く位置も申し分なく、運転中でもさっと手が届く場所になっており、非常に使い勝手の良い商品です。

Golf7_DRH_15続いてVW Golf7 ドアサイドポケットのご紹介です。この商品はドアポケットにぴったりと収まるウレタンスポンジを切り抜いてあり、ドリンクホルダーとしての機能以外にも、小物類を整理して収納できる商品となっています。各切抜きのおおよその寸法を左写真に記載しましたのでご参考ください。
運転席と助手席で、小物入れの寸法が異なっているのが面白いですね。
Golf7_DRH_17取付方法ですが、、、実は強引に押し込むだけです(笑)。左写真のように、まずは商品の後ろ側からドアポケットの中に差し込んでいきます。



Golf7_DRH_19普通に差し込んでいくと、おおよそ左写真の位置でつっかえると思います。ここからは力技です。




Golf7_DRH_21本商品はウレタンスポンジ製ですので、ちょっと潰し気味にしても、後から元の状態に戻ります。ですので片手でドアポケットを広げつつ、商品を潰しながらドアポケットの中に押し込んでいきます。


Golf7_DRH_23押し込んでいく途中の写真です。そこそこ潰れた状態になりますが、この後元に戻りますので心配はご無用です。ドアポケットは上側が最も狭く、下に行くにつれて幅が広がっていますので、ここさえクリアできれば後は簡単に入っていきます。

Golf7_DRH_25一番狭いドアポケットの上側を本商品が通過したら、下まで押し込みつつ、形状を整えます。ウレタンスポンジ製ですので、暫くすれば元の状態に戻り、しっかりと動かなくなります。


Golf7_DRH_27取付が完了しました。こちらも慣れると片側数分で作業は完了できると思います。初めてでも10分はかからないでしょう。



Golf7_DRH_29収納例です。ドリンク以外にも財布やペン、カード類といった小物をすっきりと収納することが出来ます。ただしドリンクホルダー用の穴は大きさが固定されていますので、しっかりホールドできるのは太缶に限られます。ドリンクの位置はCOX製とほぼ同じで、運転中でもアクセスしやすい場所となっています。

前述のように本製品はウレタンスポンジ製ですから、どうしても小物入れの寸法が合わない、といった場合には、DIYでスポンジを切り欠いて(または似たようなスポンジゴムを貼って大きさを狭めて)調整する、といったことも出来ると思います。

どちらの商品もそれぞれ特徴があり、優劣はつけ難いです。強いて言えば、
 ドリンクホルダーの機能に特化した
COX Golf7ドリンクホルダー
 いろいろ小物類を整理できるVW Golf7 ドアサイドポケット
といったところでしょうか。ご自身のスタイルによって使い分けられる商品がラインナップされている、というのは魅力ですね。さて貴殿はどちらを選びますか?ではでは!!


COX Golf7ドリンクホルダー (商品ページ)

VW Golf7 ドアサイドポケット (商品ページ)