ウェブショップ担当の西村です。

 最近、世の流れに逆らい、自身の車をインチダウンしました。その効果は狙いの通り絶大で満足のいくものとなりました♪お読みいただいている方全員にオススメできる内容ではないのですが、インチダウン後1,000kmほど走行しましたので、その感想を含めここでご報告させていただきます(`・ω・´)ゞ(一気に書き上げてみたのですが、2,000字を超える超大作となってしまったため、2回に分けてお送りします 笑)
IMG_7605

 そもそもなぜ私がインチダウンをすることにしたか・・・、それは、街乗り時の乗り心地をより良くしたかったからです。通勤で毎日のように車に乗る私は基本一般道を使用しており、街乗り時における乗り心地の硬さに悩んでいました。道路の継ぎ目やマンホールなどでの段差を通る際の突き上げが大きく感じられたため、もっとマイルドな乗り心地にさせたいと考えるようになったのです^^;

 インチダウンをすることでタイヤの扁平率(タイヤの断面幅に対する断面の高さの比率を表す数値)を上げることができ、クッション性を増やすことができます^^それにより、突き上げ感を減らそうと考えました。

 ところで、インチアップ/ダウンの際、最も重要なのはタイヤの外形そのものは変えないということ。タイヤの外形を変えてしまうとスピードメーターの表示と実測値が合わなくなってしまい、最悪の場合、車検に通らないばかりか道路交通法にも違反してしまいます(・・;)その他、いわゆるハミタイになってしまったりやインナーと干渉してしまったりすることもあるので、インチアップ/ダウンをする際にはオフセット(ホイールの中心部からハブの取り付け部分までの距離のこと)のことも考えておく必要があります。

 幸いなことに、私が乗っているGolf7 Variantには16インチタイヤのモデルと17インチタイヤのモデルがあり、私はあまり細かく面倒なことは考えたくなかったので、今回は純正16インチタイヤとサイズを揃えました♪

 さて、早速16インチホイールとタイヤを用意することにしました。ただ今回は16インチにするのであればなんでも良いわけではなく、快適性をより重視することにしたのでタイヤにもこだわる必要がありました。そこで僕がチョイスしたのは、BRIDGESTONE REGNO GR-XI(205/55R16 91V)です◎

 REGNOと言えばプレミアムコンフォートタイヤの代名詞、静粛性で右に出るものはほぼ皆無?で名が通っていますね。Golf7 Variantはハッチバックモデルと比べて荷室が長く空間が大きい分、ロードノイズが車内に響きやすい傾向にあります。実は乗り心地だけでなくロードノイズにも悩まされていましたので、ここは思い切って究極の?静かさを味わってやろうという気持ちで選んでみました(≧∇≦)/


 長文をお読み頂きありがとうございます^^;実はまだこれで折り返し地点です 笑
ということで続きはまた後日、アップロードさせていただきます!交換した結果どのように変化したのか、次回詳しくご紹介しますのでご期待下さい♪