いつの日か、レザーシートのお手入れ方法をこのブログで取り上げてみました!クルマのレザーシートは水を弾くような処理がなされているため、ファブリックシートに比べると汚れは付着しにくいという特徴があり、実はお手入れがしやすいというをお分かりいただけたと思います♪

 一方で、ファブリックシートはファブリックならではの良さがあり、肌に触れたときの爽やかさや温かさ、座り心地など捨てがたいものがありますよね^^なので個人的には結構好きだったり(*^^*)  

 今日はファブリックシートの基本的なお手入れ手順について触れてみます!

シート全体の表面のホコリを取り除く
 これはレザーシートの時と同じですね。ファブリックシートなので乾いたクロスで拭くよりは掃除機を使用して中のホコリを吸い取る方がいいです。もし掃除機を使えない場合は軽く叩くようにして中からホコリを出すと◎
クリーナーを使用しながら拭いていく
 maniacsではレザーシートの時と同様に「GRIOT'S GARAGE インテリアクリーナー」を使用しています。(レザーおよびファブリック、ともに使用できるのは非常に便利ですね!)直接シートにクリーナーを吹きかけてしまうとシミになってしまう可能性もあるので、クロスにクリーナーを吹きかけ湿らせた後、シート全体を拭いていきます。シートに既にシミがある場合はクロスに多めにクリーナーを吹付け、それをシミのある箇所を押すようにして汚れを取っていきます。
シートをよく乾かす
 基本的には不要ですが、シートのしつこい汚れを取るために多めに湿らせてしまった場合は、乾燥も怠らないようにしましょう。

と3工程書きましたが、実はこれだけです\(^o^)/実際にやっていただくと、お手入れ前と比べてシートの色なども新車の頃のような鮮やかさが戻ったように思うと思います♪

 ファブリックは”匂い”なども吸収してしまうので、車内をクリーンな状況に保つには定期的なお手入れは欠かせません。あまりの汚れだと上記のお手入れでは太刀打ち出来ないこともありますが、日常的なお手入れという意味では十分です!最近そういえばしてなかったなと心当たりのある方はぜひお試しくださいね(^q^)



maniacs
神奈川県横浜市都筑区855-1
TEL:045-620-6766