皆さんこんにちは。maniacs公認サポーターのじぇいです。今回はホイール周りのドレスアップパーツをご紹介致します。手軽に印象を変える方法としてmaniacsでは多数のバルブキャップを取り揃えていますが、今回はそのうちの2種類について取付方法をご説明いたします。

Golf7_ABC_03左写真は純正のバルブキャップです。輸入車/国産車を問わず、ほぼどの車も標準装着のバルブキャップはこんな感じの黒いプラスティック製だと思います。無難ですが、個性的とはとても言えませんよね。これを交換することで、サイドビューに効果的なワンポイントアクセントを加えることが出来るわけです。

Golf7_ABC_01まずはVW オリジナルバルブキャップ(ゴムバルブ/金属バルブ用)のご紹介です。純正アクセサリーならではの安心感と品質は”さすが”の一品です。交換方法も非常に簡単で、DIY初心者の方でも手軽に交換できるのも魅力ですね。

Golf7_ABC_05Golf7_ABC_07Golf7_ABC_09




交換方法は、いたって簡単です。純正のキャップを反時計回りにねじって外した後に、本品をねじ込んで固定するだけです。本品にはギザギザ加工(ローレット加工)が施してあり、手指で回し易くなっています。工具は使わずに、指でつまんでねじ込めば作業完了です。1箇所あたり30秒程度で交換出来てしまいますので、何方でもお手軽にドレスアップが楽しめるパーツですね。

Golf7_ABC_11続いてご紹介するのはVEHICLE ID エアバルブキャップ by maniacsです。ドイツ国旗とDの文字が、ドイツ車であることをさりげなくアピールする製品です。左写真のバルブキャップ本体色はアルミの素地色(ベア)ですが、他にブラックもラインナップしていますので、ホイールの色などに応じてコーディネートすることが出来ます。そして写真のようにオーナメント部分が別部品となっているのが、本商品の特徴のひとつです。

Golf7_ABC_13さて交換方法ですが、純正のバルブキャップを外して、本品をねじ込むまではVW オリジナルバルブキャップと同様です。本品は6角形ですが、スパナ等の工具は使用しないでください。指でつまんでねじ込めば、十分に締めることができます(工具で締めると締めすぎになります)。

Golf7_ABC_15バルブキャップ本体を固定したら、オーナメントシールを貼付けます。こうすることで、オーナメントの向きを希望の位置に出来るわけです。小さいことですが、こういった気遣いがうれしいですね。シールは小さいので位置合わせに手間取るかもしれませんから、ちょっとしたコツをご紹介しましょう。まずはオーナメントシールを剥離紙より半分ぐらい出っ張るようにずらします。そして片手で剥離紙を持ちながら、シールの位置を決めていきます。良い位置に来たな、と思ったらシールの剥離紙のない部分をもう片方の手の指で押さえ、剥離紙を横方向に引き抜くと簡単にかつ思い通りのシールの位置決めが出来ます。

Golf7_ABC_17最後にオーナメントシール全体を指で押さえ、密着させれば完了です。ちょっとしたコツを掴めば1箇所当たり1~2分で作業完了できるので、とても取り組みやすいモディファイだと思います。


またこの手の小物商品は、他の部品と合わせてトータルでコーディネートすると統一感が増し、モディファイとして効果的です。maniacsでは同じデザイン(VWロゴやVEHICLE ID)のライセンスプレートスタッド(ナンバープレートを固定しているボルトのことです)も販売していますので、あわせてご検討されては如何でしょうか?ではでは!


VW オリジナルバルブキャップ(ゴムバルブ/金属バルブ用) 商品ページ

VEHICLE ID エアバルブキャップ by maniacs 商品ページ

・他にも種々のバルブキャップをラインナップしていますので、こちらをぜひご覧ください。

・ラインセンスプレートスタッドとのコーディネートを楽しみたい方は、こちらもあわせてご覧ください。


以下余談です。
Golf7_ABC_19Golf 7にはタイヤ空気圧モニタリングシステムという機能が備わっています。正常な空気圧状態でSETをしておくと、各タイヤの回転数に変化が生じた場合にABSセンサーがそれを感知して空気圧低下を警告するという機能なのですが、正直、その原理で上手く空気圧低下を検出できるのかは半信半疑でした。

ところが先日、高速道路を走行中に空気圧低下の警告が出たので慌てて次のPAにて各タイヤを調べたところ、右前輪だけが他より約0.04MPaほど空気圧が低くなっていました。直ちに空気圧を補充して(空気入れと圧力ゲージを車に積んでありましたので)事なきを得ました。回転のバラツキだけで空気圧低下を検出できるという事実に驚くとともに、もうちょっと日常点検をちゃんとやろうと自戒した、貴重な体験でした。