皆さんこんにちは。maniacs公認サポーターのじぇいです。今回はcore LED motion led for Volkswagen(フロントリーディングランプ)をGolf 7に取付ける手順をご紹介いたします。ドアを開けると5秒間青色又は赤色のLEDが点灯した後に、白色のLEDが点灯する、モーションLEDを搭載した話題の製品です。モーション効果に目を奪われがちですが、白色LEDの光量も200%にアップと、基本も抑えた製品です。今回は、青色で光るXF-VB (BLUE/WHITE)を取付けてみました。

まずは車両の全てのドアを閉めます。これでリーディングランプが消灯することを確認してから以下の作業を進めてください。

Golf7_FRL_01リーディングランプのカバーを外します。ここは隙間が狭いので、通常のリムーバツールより薄いヘラを使用しています。この手のヘラは、ホームセンターの接着剤/シール剤売場や、スクレーパー売場で安価(100〜200円程度)なものを見つけられます。写真のように、カバー側面の隙間にヘラを差込み、コジッてカバーを外していきます。写真丸印のクリップ部分を重点的に攻めると良いでしょう。

カバーを完全に外すと、LEDランプにつながる配線でぶら下がった状態になってしまいます。カバーのクリップは、通常の取付け状態と、一段下に下がった位置の2段階に固定できるようになっていますので、完全に外さず、一段下に下がった位置で保持しておくと、配線に負担を掛けずに済みます。(本稿では写真撮影の都合で手で支えたり、配線でぶらさがったったりしていますが)

Golf7_FRL_03カバーが下がったところで、本体を外していきます。クリップの位置を狙って側面の隙間にまたもやヘラを差込み、本体を外します。クリップの位置は、四角い穴が開いている部分の横です。合計4箇所あります。



ちなみにカバーにはこの四角い穴に対応した突起があり、本体のクリップが開かないようにストッパの役割をしているのです。なので、まずはカバーを一段下げた位置(もしくは外した状態)にして突起を四角い穴から抜かないと本体を外せないという、こった造りになっています。このような安全機構はGolfをいじっていると色々な箇所に見て取れ、感心する事が多いです。

Golf7_FRL_05次に、本体につながっている配線コネクタ2箇所を外して、本体を車両から取外します。どちらのコネクタもロック付きですから、ロックを解除しながら分離してください。左上のコネクタはコネクタ自体が本体に固定されているので、まずコネクタを本体より外してから分離してください。



Golf7_FRL_07次に、本体とカバーの間をつないでいる配線を取外します。このコネクタもロック付ですから、ロックを解除しながら分離してください。これでカバーと本体が分離できます。





Golf7_FRL_09分離したカバー単品を裏から見たのが上写真中央です。LED基盤についたままの配線を、コネクタ部(ロック付)で外して分離します。この配線は、後で再利用します。ちなみに丸印がカバーを本体に固定するクリップです。



Golf7_FRL_11カバーについているLED基板を外します。爪2箇所でロックされていますので、これを広げて外します。






Golf7_FRL_13LED基板についているレンズ(?)を外します。基板裏に爪2箇所が引っかかって止まっているので、これを内側に押して外します。ここまでで分解のステップは完了しました。





Golf7_FRL_15ここからは組立のステップになります。外したレンズを、商品のLED基板に取り付けます。基板に開いている穴に爪を入れ、押し込めばレンズは固定されます。





Golf7_FRL_17レンズを付けたLED基板を、カバーに取り付けていきます。基板の向きは、コネクタが外側になるようにしてください。基板は元の状態と同じように、2箇所の爪で固定してください。




Golf7_FRL_192箇所ともLED基盤を取付けた状態です。(LED基盤は左右で共通の部品です)





Golf7_FRL_21本体側には、新しいLEDの追加基板(コントロールユニット)を取付けます。付属のタッピングビス2本で、基板を本体中央に取付けます。コネクタの位置が写真のようになるように、向きに注意してください。ちなみに丸印は本体を車両に固定するクリップです。




Golf7_FRL_23配線を接続していきます。カバーと本体を組合わせた状態で(完全に嵌めてしまわずに)、付属の配線2本と、オリジナルの配線2本(流用)を、写真のように取付けます。




Golf7_FRL_25次に付属のエレクトロタップで、付属の配線を車両側の水色コネクタの配線に分岐接続します。水色コネクタに番号が刻印されていますので、この番号を確認してください。写真のように1番に付属配線の赤色、4番に茶色、6番に灰線を接続します。

 


Golf7_FRL_27車両側配線コネクタに本体を接続します。各コネクタは奥まで差込み、確実に接続されていることを確認してください。
左上の黒色コネクタは、コネクタ同士を接続したあと、元と同じように本体に固定します。先ほど分岐した配線は、本体に取付けたコントロールユニットに接続します。



Golf7_FRL_29本体を元に戻します。カバーを閉めていない状態で、本体のクリップ付近を押して、車両に確実に嵌めてください。






Golf7_FRL_31最後にカバーを取付けます。正しく取付けばカバーの表面は周囲と面一になりますので、全周確認しておきましょう。





Golf7_FRL_33以上で作業終了です。ドアを開けると5秒間青色のLEDが点灯した後、白色に変化するモーション動作が面白いですね。また白色LEDの光量アップも実感できます。色が変化する動画は商品のページを参照してください。




始めはリーディングランプ付近の分解方法が判らず、maniacsのチーフメカニックに助言を求めたりと少し手間どりましたので、そのへん丁寧に説明してみました。本稿を参照していただき、分解〜組立の手順をご理解していただければ、一つひとつ確実にこなしても一時間もあれば作業完了すると思います。

ちなみにリーディングランプをボタンを押して点灯させたときは、白色LEDのみが点灯します。ですので実用上の使い勝手は今までと同様(光量はアップ!)な製品です。モーションLED動作に興味がある人だけでなく、リーディングランプが暗いなぁと思っている人にもお勧めのアイテムですね。ではでは!!

core LED motion led for Volkswagen (商品ページ)