皆さんこんにちは。maniacs公認サポーターの”じぇい”です。今回はm+ Chrome Tone Glove Box HandleをGolf7に装着する方法をご紹介いたします。真っ黒なグローブボックスのリッド(蓋のことです)に、落ち着いた色調のクロームメッキが渋く光る、ちょっと大人なドレスアップを実現する製品です。純正部品に加工していますから、取付後のフィッティングもバッチリです。

装着の手順は以前に工房長が執筆したGolf6用の装着マニュアルと基本的に変わりません。今回は、ちょっとひと工夫を凝らして、より簡単に確実に作業できる方法をご紹介します。以前のマニュアルと異なる部分を中心に説明していきますので、お時間があれば先にGolf6用の装着マニュアルに目を通していただくと、以下の説明が分かり易いかと思います。

Golf7_GBH_001Golf7_GBH_020






まずは取り外しです。グローブボックス蓋の右側(センターコンソール寄り)にある穴にアクセスし、ハンドルを固定しているネジを外します。サイズはトルクスのT-20です。レンチの柄が長すぎると作業が難しいので、写真のサイズのトルクスレンチが適当です。お持ちでない方はmaniacsでもL型トルクスレンチ(T-20)を販売していますので、合わせて準備しておくと良いでしょう。

 緩めたネジは取り出し難く、まず間違いなくアクセスホールの中に落ちてしまいます。サンデーメカニック垂涎のロゴが輝くSnap-on マグネットピックアップツール等の磁石類を準備しておきましょう(上の写真では、直径7mm、長さ25mmの磁石を使用)。内部に残ったネジはマグネットで回収します。

Golf7_GBH_003Golf7_GBH_004








ネジが外れたら、ハンドルのレバーを押すような感じで傾けてから、手前側に引いて取り外します。外したらすぐに元に戻す作業を行って、構造と復旧する手順を確認しておきましょう。取外しとは逆にハンドル側の爪を先にグローブボックス側に差し込んでから、キーシリンダがある側を押し込めばOKです。

なお、ハンドルを外した状態のままグローブボックスを閉めないようにしてください。
もし閉めてしまった場合は、ハンドルの突起が刺さる部分に内装外しツールやマイナスドライバ等を差込み、助手席ドア側にスライドさせればロックがはずれ、開けることが出来ます。

この後の作業はプラスティック部品を押し広げる必要があります。冬場の冷たい車内ですとプラスティックを割る危険がありますので、取外したハンドルは暖かい室内に持ち帰って作業することをお勧めします。

Golf7_GBH_005ハンドルを2つの部品に分解するまでの手順はGolf6用の装着マニュアルと同じです。今回は傷付き防止の意味で内装外しツール(KTC フラットタイプヘラ)を使用して円弧状の支点部分を外し、分解しました。



Golf7_GBH_006さて、Golf6の場合と異なるのが、次のキーシリンダの取外し方法です。キーシリンダを外すには、固定している4本の爪を同時に開く必要があるのはGolf6と同じですが、今回はキーシリンダ付近に凸状部分があるため、四方からドライバを差し込むことが出来ません。また、適切なサイズの精密ドライバを4本も持っている人は少ないと思います。

「俺は後は振り向かないぜ!」という方は爪を切り飛ばしてしまえば簡単なのですが、貧乏性の小生としては、やはり元に戻せるように、壊さずに分解したいところ。そこで今回はSST(特殊専用工具)を使用しました!と言っても、高価で他に使い道のないSSTを購入したわけではありません。

Golf7_GBH_007Golf7_GBH_008Golf7_GBH_009






使用するのはダブルクリップです!!ちょっと小さめの、幅15mmのものを4コ用意しました。使用方法は次の通りです。

・キーシリンダと爪の隙間にマイナスドライバを差し込み、爪の上先端が開くまで押す。
・開いたキーシリンダと爪の隙間に、ダブルクリップを差し込む。
・ダブルクリップを上から押しながら、マイナスドライバを引き抜くと、爪がダブルクリップに覆われて、開いたままになる。
・これを4箇所繰り返す。

Golf7_GBH_010Golf7_GBH_011






4箇所全てにダブルクリップを挿入したのが上写真右側の状態です。

Golf7_GBH_012ところで、作業に当たって色々なサイズのドライバを試したところ、マイナスドライバは2.5mm巾が一番使いよかったです。またドライバの先端形状は、左写真下のようにテーパー状になっているものの方が、今回のような隙間を開く用途には適しています。一般的には上のような、先端が平行になっているものの方がネジの溝にやさしく、ドライバとしては上質工具と言われていますが、用途次第ということです。


Golf7_GBH_013Golf7_GBH_014






話を元に戻しまして、全ての爪にダブルクリップを差し込んだら、上写真左側のように、まずはキーシリンダにキーを差し込み、次にキーシリンダの後部を押して外します。Golf6と違い、Golf7ではキーが刺さっていなくても爪4本が外れていれば、キーシリンダを押すと外れてしまうようです。キーが刺さっていない状態でキーシリンダを外すと、キーシリンダの小物部品が飛び出し、最悪飛んでいってしまいます(実際に飛ばした本人が言うのですから間違いありません)。部品には紛失しやすい、非常に小さなバネもありますので、あらかじめキーを差し込んでおきましょう。

ダブルクリップの隙間からキーシリンダーを押す際は、指を怪我しないように注意してください。また指が太い等で上手くキーシリンダ後端を押せない場合は、単4乾電池等をキーシリンダ後端にあてがい、これを押すことでキーシリンダを外せば良いでしょう。キーシリンダーは、勢い良く押すと反対側に勢い良く飛び出してきますので、そうならないように、押し加減に注意して慎重に抜き取ってください。

Golf7_GBH_015キーシリンダが外れたら、キーを差し込んだまま、用意したChrome Tone Glove Box Handleに差し込みます。後ろから見たときに、キーシリンダの後部の突起が上写真右側に示す位置になるようにしてから、4本の爪が確実にキーシリンダにはまり込む状態まで押し込んでください。


Golf7_GBH_016Golf7_GBH_017






上写真左側のように、正面から見たときにハンドル表面よりキーシリンダの表面がちょっと入り込んだ位置になっているのが、正しく4本の爪で固定された状態です。ここまでくればキーを外しても大丈夫です。

次に、今のうちにハンドルを固定するタッピングネジをねじ込んで、メネジのミゾを造ってしまいましょう。やってみるとわかりますが、タッピングネジを初めてねじ込むときは、ネジを強めに押しながら締めないと、ネジがプラスティックに噛んでくれません。車両取付時はスペースが狭くネジを押しにくいですから、作業性の良い今のうちに一度ねじ込んでメネジを切っておくと、後の作業が楽になります。

Golf7_GBH_004ここまで作業が完了したら、車両にハンドルを復旧します。外すときに確認した作業を思い出してください。前に紹介した写真を左側に再掲しておきます。





最後に蓋の側面からタッピングネジを締めてハンドルを固定すれば作業完了なのですが、ちょっと面倒なのが、このネジを正しい締付け位置に持っていく作業です。
まずはネジを水平に保持する工夫が必要です。単純にネジにトルクスレンチを差し込んだだけでは、ネジを水平にすると落ちてしまいます。そこで、ネジとレンチの間に詰め物をして嵌め合いをきつくし、ネジが落下しないようにします。

Golf7_GBH_021Golf7_GBH_022






今回使用した詰め物は、、、レジ袋を細長く切ったものです。小生の場合は3枚挟むと丁度良い”きつさ”になりましたので、3つ折にしたものをネジとレンチの間に挟んで、ネジを保持するようにしました。レジ袋の厚さによって挟む枚数は変える必要があると思いますので、実際に作業される場合は枚数を変えて丁度良い”きつさ”になるように調整してください。
また、最後にレジ袋を取り出す必要があるので、片側3cmぐらいレジ袋がはみ出すようにしておくと良いでしょう。

Golf7_GBH_023Golf7_GBH_024Golf7_GBH_019






次に面倒なのが、ネジを正しいネジ穴の位置に収める作業です。上画像左側のように、ネジが入る穴はアクセスホールの奥でちょっと小さくなっているので、段の部分にネジがつっかえやすいのです。残念ながらアクセスホールの奥は目視できないので、手探りで作業し、トライアンドエラーを繰り返すしか方法はありません。ネジを押して”奥まで入っていないな”と感じたら、ちょっと戻して先端の位置を変え、また押して、、、を繰り返してネジをネジ穴に納めます。この作業中、新しいグローブボックスハンドルが下に落ちないように左手で支えておくと良いでしょう。ネジが正しくネジ穴にはまったらタッピングネジを締め、レジ袋を穴から取り出せば作業完了です!

落ち着いた輝きのハンドルは出しゃばらず、でも良いアクセントになっているのがお分かりいただけると思います。この製品は気にはなっていたものの、商品ページに記載されている「取付説明書が付属しませんので、ご自身での装着がご不安な場合は、maniacsまたはVW/Audi正規ディーラー・専門ショップなどへ、作業をご依頼いただくことをお勧めいたします」の注意書きに、購入をためらっていた方も多かったのではないでしょうか?

ですが実際に作業してみますとハンドルの固定はネジ1本だけでしたし、例の4本爪の外し方さえ判ってしまえば、難しい作業ではないことがご理解いただけたと思います。今回の装着マニュアルが皆さんの不安を払拭し、楽しいDIYの一助になれば幸いです!ではでは!!

m+ Chrome Tone Glove Box Handleの商品ページ