皆さんこんにちは。maniacs公認サポーター、Golf7装着マニュアルライターの”じぇい”です。名前を忘れられないうちに、装着マニュアル第2弾をお届けします。

今回はGolf7 GTIの車内照明のLED化に欠かせないアイテム、VW純正 Golf7 LEDメークアップライトVW純正 LEDグローブボックスライトの装着方法です。その名の通り、両製品ともVolkswagen純正部品ですので統一感はもとより信頼性もばっちり!装着も簡単!と良いこと尽くめの製品です。

作業をしてみるとわかりますが、この2つの製品の装着手順はほとんど同じです。そこで今回は両方の交換方法をまとめてご紹介いたします。LED化を行う予定のない方でも、電球が切れた場合の交換時にはこれらの部品を外す必要がありますので、手順を知っておいて損のないものです。ここに掲載するマニュアルをぜひご参照いただき、お役に立てれば嬉しく思います。

なお年式によっては、これらの照明に最初からLEDが装着されている車両もあります。ご購入予定の方は購入ボタンをポチッっとする前に、現車両の照明が電球(暖黄色の光)かLED(白色光)かを確認してください。

ではメークアップミラーの照明から交換していきます。下記の写真は、助手席に対して行っている状況です。運転席の場合は左右が逆になりますのでご注意ください。作業開始にあたり、まずは安全確保です。ランプはコネクタで接続されていますが、通電している(=ランプが点灯している)状態でコネクタを抜き差しするのはお勧めできません。

Golf7_MKM_Lamp_00Golf7_MKM_Lamp_02Golf7_MKM_Lamp_03






メークアップミラーの場合は、ミラーのカバーが閉まっている、又は全てのドアを閉めてキーのリモコンでドアをロックすると照明が点灯しなくなります。今回は撮影の都合上、ドアを開けたままにする必要がありましたので、上写真左側のようにミラーのカバーを閉め、念のため養生テープで動かないようにしておきました。

準備ができたら、いよいよライトを外します。ライトは容易に外せるよう、ツールを差し込める凹みが付いています。凹みは車両のドア側にあります。上中写真のように、ここにリムーバルツール等を引っ掛けて下に引くと簡単にライトが外れます。爪に自信がある方は、爪で引っ掛けても開くことが出来ますが、怪我をしないように十分に注意してください。

ライト本体が外れたら、配線を引っ張らないように注意しながら引き出します。ライトに接続されているコネクタはロック機能がついていますので、ロックを左右から指で挟みながら引き抜くと分離できます。上右写真を参考にしてください。

Golf7_MKM_Lamp_04Golf7_MKM_Lamp_05






続いて準備したLEDライトを接続します。このLEDライトはチタンブラックとパールグレイの2種類がありますので、ご自身の車の内装色に合った色を選ぶことができます(今回は写真で目立つように、わざとグレイの製品を使用しています)。コネクタには突起がありますので、向きを合わせてから接続し、ロックの爪がかかるまで確実に押し込んでください。

コネクタの接続が完了したら、ライトを車両へ固定する前に点灯するかを確認しておきましょう。ミラーのカバーを開けたとき(又はキーのリモコンで開錠したとき)に、ちゃんとLEDライトが点灯すればOKです。このライトはエンジンを切った状態でドア操作が一定時間行われない場合に自動的に電源が切れるようになっています。作業に時間がかかった場合は電源が切れていることがありますので、点灯しない場合は一度ドアを開閉(又は閉開)してみてください。これでも点灯しない場合は、もう一度コネクタの接続を確認してみてください。


Golf7_MKM_Lamp_06Golf7_MKM_Lamp_07Golf7_MKM_Lamp_08






点灯が確認できたら、ライトを車両に固定します。取り外しとは逆にコネクタ側を先に入れてから、車両外側部分を上に押し込むようにして固定します。押し込んだ後もドア側のライト部分がちゃんと固定されていない(下に引っ張るとすぐ外れる)場合は、金属バネ部分の凹みに天井内装が正しく嵌っていない可能性があります。この場合はドア側のライト部分を、ほんの軽く叩いてみてください。これでちゃんと固定されるはずです。

Golf7_MKM_Lamp_09運転席側も同じようにして作業すれば、メークアップミラー照明のLED化は完了です。慣れると片側2分くらいで交換できますよ!





続いてグローブボックスのライト交換です。

Golf7_GB_Lamp_01作業場所をみてみると、単純にグローブボックスを開けただけでは作業スペースが(特に写真撮影するには)不足気味でしたので、まずはグローブボックスを下まで開けてしまいましょう。この詳しい作業手順は以前のブログ「Golf7エアコンフィルタの交換方法」に記載されています。この作業はフューズ交換の際にも必要ですから、一度体験しておくと安心です。


グローブボックスは下げずとも慣れれば手探りでライトを外せるのですが、初めて作業する方は対象を良く見て作業することが重要ですので、面倒でも作業スペースと視界を確保するため一旦グローブボックスを下まで開くことをお勧めします。

グローブボックスを開けると、今回交換したいライトが点灯したままになります。これを消すためには、ドアを全て閉じた後にキーのリモコンでドアロックを行います。これでライトが消灯しますので、安全に交換作業を行うことが出来ます。

Golf7_GB_Lamp_02Golf7_GB_Lamp_03Golf7_GB_Lamp_04






以上の準備作業が終わりましたら、ライトの凹み(このライトでは右側にあります)に内装外しツールを差込み、手前側に引いてライトを取り外します。今回使用した内装外しツールは、maniacsで販売しているKTC フラットタイプヘラです。以前はカー用品店でよく見かける類似製品を使用していたのですが、今回KTC製を使ってみたら強度が断然上なので力が加えやすく、お勧めです。写真で緑色に写っているのは、傷付き防止用に貼った養生テープです。なんとなくプロっぽい作業に見えませんか?(笑)

このライトのコネクタもロック付きですたので、ロックを押しながら分離します。コネクタには同じく突起がついていますので、コネクタの向きを合わせてから用意したLEDライトに差込み、ロックされるまで押し込みます。

Golf7_GB_Lamp_05ライトを元に戻す前に、点灯するかをテストしてみましょう。キーのリモコンでドアロックを開錠すればライトが点灯するはずです。問題なければ逆手順で取り付けますが、念のためキーのリモコンで再度ドアをロックし、ライトを消灯させておきましょう。




Golf7_GB_Lamp_06Golf7_GB_Lamp_07Golf7_GB_Lamp_08






コネクタ側を先に車両側に入れた後、センターコンソール側を上に押してライトを固定します。最後の一押しが硬いようでしたら、こちらも軽く叩いてパチンと嵌めます。

Golf7_GB_Lamp_09後はグローブボックスを元に戻せば、作業完了です。概ね5~10分くらいの交換作業です。慣れない場合は少し時間が掛るかもしれませんが、あせらずゆっくりと、慎重に作業を進めてみてください。ひとつひとつ手順を確認しながら、確実に進めることが結局は近道です。これでGolf7 GTIの室内照明を全てLED化することができました。



ご覧のように、ほぼ同じ手順を繰り返すだけで作業が出来る、初心者の方でも取り組みやすいDIYだと思いますので、皆さんも是非チャレンジしてみてください!ではでは!!

VW純正 Golf7 LEDメークアップライト(バニティミラーライト)の商品ページ
VW純正 LEDグローブボックスライトの商品ページ