Image1Image2






工房長です。見る人が見ると、この部分写真だけでも何かが分かってしまうのですが、紙粘土細工で何かを開発中です。盛り付けたり、削ったり、非常に精密にモデリングを行っています。材料はフィギュア用の粘土を使っています。ヤスリやナイフやリューターの刃先だけとかを使って、できる限り精密に仕上げていきます。

余談ですが、自動車のクレイモデルを作る作業で、日本では削る方向で形状をイメージする割合が多く、欧州では盛り付ける方向で形状をイメージする割合が多いから、そのことがスタイリングの雰囲気の差になるという、本当か嘘がわからないような話を、むかし本で読んだことがあります。盛ったり削ったりを繰り返していて、そんな話を思い出しました。

なんとか、完成というところまで漕ぎ着けたので、全体の形状はまた追々ご紹介してまいります。このあと三次元データ化を行って、製品化へと進める予定です。乞うご期待!!(つづく)