工房長です。Golf5の運転席側ミラーは、複合屈曲率のミラーが採用されています。これは、右4分の1ほどのところに縦の点線が描いてあり、その点線よりも外側を高い屈曲率にして、より広い範囲を映し出そうというものです。しかし、その点線のところで写像が歪み、店長も工房長もこの見づらさにはちょっと閉口してしまいました。

mirror01真っ直ぐのものが曲がって見えるし、距離感が狂うし、見える範囲を広くしたというよりは点線より内側しか使えない感じで、むしろ使える範囲が狭くなってしまった印象を受けます。慣れれば何とかなるのでしょうか? ちょっと危険ですらあると感じましたので、慣れるまで我慢せずに対策しました。


mirror02対策は、いたって簡単で、屈曲率が一定の純正ミラーに交換するだけです。交換は、5分でできます。写像の歪みはなくなり、普通の車と同じになります。掲題の「低屈曲率ミラー」は、全体の屈曲率が低いわけではなく、外側のゆがみの部分がなくて一定の屈曲率になっている、つまり普通のミラーです。


mirror03mirror04

交換方法ですが、まずミラーの角度調整つまみを操作して、ミラーを内側かつ下側に一杯まで動かします。それから、ミラーのケースを前方に押して、回転させます。ちょうど、右写真のような状態になります。

mirror05mirror06

つぎに、ミラーの外側上部の隙間に両手の指を入れて、手前に引っ張ります。鏡のエッジは処理がされているので、手指を切る心配は少ないですが、念のためエッジにマスキングテープを貼っておけばなお安心です。指を横にスライドさせたりしないように、まっすぐ手前に引っ張ります。

鏡を割るのではないかと心配になりますが、Golf5の場合は簡単に割れることはありません。指は、1〜2本ではなくて、写真のようにできるだけ多くの指、できれば7〜8本を掛けて、均等に引っ張ります。強めに引っ張ると、裏の嵌め込みが外れて、ミラーが手前に外れます。

すっぽ抜けてミラーを落としてしまわないように気をつけてください。また、ドライバーなどの工具をテコにつかうと、一箇所に力が集中してミラーが割れてしまう可能性がありますので、手指か幅広のリムーバルツールで引っ張ってください。

手指ではうまく外せないという場合は、maniacsで販売しているサクションキャップを併用するとスムーズに外れます。または代用として、ミラーの外側の隙間から輪にした荷結わき紐などを裏側に滑り込ませ、ミラーの裏側に掛けて引っ張ってください。

mirror07mirror08

ミラーを外すと、左写真のようにヒーターの配線が接続されています。この配線を右写真のように引っ張って抜きます。腐食などで固着している場合は、CRC556などの浸透性潤滑剤を射して、ラジオペンチなどでしっかり摘んで強く引っ張ると抜けます。

mirror09mirror10

ミラーを外したところは、こんな感じになっています。ミラーには一箇所グリスを塗布する必要があります。装着するミラーに新しいグリスを塗るか、車両が新しければ外したミラーの突起部からドライバーなどで移し取って、これから取り付ける低屈曲率ミラーの同じ箇所に塗ります。もとは大量に塗ってありますが、ほんの少量で大丈夫です。

mirror11mirror12

あとは、ヒーターの配線を元に戻して、アジャスターの位置と角度を手で動かして正面向きに合わせて、ミラーをパチンと嵌め込めば完了です。ミラーは位置と向きがアジャスターの丸に合っていないときちんと嵌りませんので、ミラーの裏側と円盤状の取り付け台座の穴を良く見比べ、位置をしっかり合わせて押し込んでください。

ミラーを嵌める際は、かなり強く押す必要があります。きちんと嵌ったときには、「パチン!」といかにも嵌った感じの音と感触があります。それがなくて、何となくグニュッと入った感じのときは、きちんと嵌っていませんので、一旦引っ張って外して、やり直してください。

mirror02要は、パチンと嵌っているだけですので、引っ張って外して、押して嵌めるだけで交換できます。とても簡単です。これで、あの怖いゆがみとはおさらば。スッキリした後方視界が確保されます。お奨めできます、というよりこの交換は安全のためにはほとんど必須じゃないかとすら感じます。



Golf5/Jetta 右低屈曲ミラー
Golf5/Jetta US CAUTION 右低屈曲ミラー
GARUDA BLLED MIRROR (Golf5/Golf6 Variant)


(この作業の難易度レベル:1-A)