貼り替え前工房長です。maniacsフューエルステッカーをお貼りいただいていて、長年の間に紫外線等で劣化してしまい、貼替えについてお問い合わせを頂戴しました、綺麗に貼替えるための一般的な方法をご紹介しましたところ、貼替え完了したお写真をお送りくださいましたので、ご紹介いたします。

ステッカーを剥がす方法ですが、ステッカーが劣化している場合に透明のフィルムも紫外線で脆くなっていますし、粘着剤は硬化してしまっていますので、どうしても糊残り等が発生します。糊残りはシリコンオフや市販のステッカー剥がし剤などの溶剤でクリーニングすることで綺麗にできます。

綺麗に剥がすコツとしては、ひとつは、できるだけ貼ってあるボディ面が温かい状態で剥がします。冷えているとそれだけ剥がす作業が難しくなります。夏場に日の当たる状況で作業されるのが一番ですが、冬場の場合はヘアドライヤーなどで温めながら作業するとやり易くなります。

剥がし始めのキッカケは、角付近を爪等で引っ掛けてめくるのが一般的ですが、塗装面をできるだけ引っ掻かないように注意する必用があります。爪等でうまくキッカケができない場合は、リムーバルツール(ヘラ)や、場合によってカッターナイフなども有効ですが、いずれも塗装面を直接引っ掻かないように細心の注意が必用です。

またステッカーを引っ張って引き剥がす際には、ステッカーは貼り付け面と概ね直角に引っ張ってください。30度くらいの浅い角度で引っ張ったり、180度近く折り返す方向に引っ張ると、ステッカーがちぎれやすく、作業効率が悪くなります。ステッカーを引っ張るスピードは、できる限りゆっくりにしてください。速く引っ張るほどちぎれやすいですし、糊残りも多くなってしまいます。

あとは、上記のような溶剤で綺麗にクリーニングしますが、ステッカーを貼っていた期間が長い場合、塗装面自体の劣化がステッカーを剥がした跡とその周囲で違ってしまっている場合があります。また剥がした跡にうっすら曇り感が残る場合もあります。曇りや艶引けなどは、鏡面仕上げ用の液体コンパウンド等で綺麗にします。市販品ではSoft99の液体コンパウンド9800がお奨めです。

貼り替え後っとご説明しましたが、実際には上の写真のように劣化が進んでいて、剥がすのにご苦労されたとのことでした。最終的には綺麗に剥がして貼り直しも完了し、この写真のように綺麗に仕上がりました。リフレッシュされて、じつに気持ちが良いですね。わざわざ貼り直してまで再度同じステッカーを貼って頂き、本当に嬉しく思います。


maniacsのオリジナルステッカー(商品ページ)

maniacsのステッカーを長くご愛用くださっている皆様に、心よりお礼申しあげます。ありがとうございます。