SW交換01工房長です。グリップハンドルのロアカバーが外れたら、いよいよウィンドウスイッチの交換です。外したところは、この写真のようになっています。この時点で、車のキーを抜いてあることを確認してください。作業中にウィンドウが上下すると危険です。



SW交換02ウィンドウスイッチは、下から上にはまっていて、4箇所の爪でパチンと止まっているだけです。まず、爪の位置を確認します。のぞき込むと手前に2箇所爪が掛かっているのが見えます。写真の○印の位置です。対象位置で、手前からは見えない向こう側にも同じように爪が2箇所あります。この4箇所を外せばスイッチは真下に外れます。


SW交換03爪の位置と形状は、これから取り付けようとする部品を見て、もう一度よく確認しておきます。とくに爪の厚みを確認します。この厚み分だけの隙間を作ってあげれば、爪は外れるわけです。




SW交換044箇所の爪のうち、先に見えない奥側の2箇所を外します。面倒な方を先にやっておく方が全体としてスムーズだからです。奥側の枠とスイッチ本体の隙間に、L字状に曲がったヘラを差し入れます。適当なヘラがない場合は、釘を曲げる等してヘラに代わるものを用意する必要があります。


SW交換05ヘラを差し入れると比較的簡単に奥側の爪は外れます。スイッチ自体を上部から下方向に押しながらヘラを差し入れるようにします。そうすると、爪が外れた瞬間にスイッチが少しだけ斜めに下がって、爪が再度掛かってしまうのを防げます。



SW交換06そのままスイッチを下方向に押さえたまま、今度は手前側の爪2箇所を外します。先に奥側を外してあるため、手前側は隙間が空きにくくなっています。ですので、ヘラでは入りにくく、精密ドライバー等を差し入れて爪の掛かりを外します。2箇所のうち前側を先に外す方がやりやすいようです。


SW交換07爪が4箇所外れると、スイッチは真下に抜けます。どうしてもやりにくい場合は、手前側の爪を先に外してあとから奥を外すなど、試してみてください。スイッチ本体を下方向に押す力が強すぎる場合も、爪は外れにくくなります。少しだけ下に押しながらヘラや精密ドライバーで隙間をつくるのがコツです。


SW交換08スイッチが完全に外れたら、手前方向に引き出してきます。配線コードがつながっているので、少ししか引き出せません。写真のような状態になります。車のキーが抜いてあることを、念のため再度確認してください。



SW交換09スイッチを引き出したら、配線のコネクタを外します。コネクタにはロックが着いていますので、親指でロックを押さえて、解除しながら引っ張ると簡単に外せます。




SW交換10スイッチを外したら、部品を付け替えてコネクタを完全にはめます。この時点で、動作確認を行っておきます。車のキーを差し入れ、ONの位置まで回します。安全を確認してから、スイッチを操作して、ウィンドウが正常に開閉することを確認します。確認が済んだら、必ずまたキーを抜いてください。


SW交換11SW交換12スイッチは、抜いたときと逆の要領で、下から上に差し込みます。真っ直ぐ上に差し入れて、押し上げていくと、パチンと爪がかかります。爪が掛かったら、スイッチを押してみて下に抜けないことを確認します。

SW交換13SW交換14あとは、カバーを締めれば完了です。カバーは、前側の筒状のはめ合いの位置を合わせ、下側の継ぎ目を合わせて、手前から奥に平行に押し入れます。


SW交換15SW交換16SW交換17






ある程度押し入れた時点で、位置が合っているか、はめ合いがずれていないかを確認して、あとは力一杯押し込みます。爪の位置を思い出しながら、全ての爪が掛かるように、一箇所づつしっかり押し入れていきます。グリップの継ぎ目が隙間無く噛み合えば、完了です。この写真は、助手席です。後席は、グリップハンドルのロアカバーの爪が1箇所だけ少ないですが、全く同じやり方で交換できます。

運転席のスイッチを交換したる場合、助手席、後部座席もコーディネートすると全体の雰囲気がグレードアップした感じになります。小さい部品ですが、わりと頻繁に使う箇所でもあり、見た目だけでなく操作するときの指先の触感も微妙に違うので、満足感が高いモディファイですね。パッセンジャーや後席の乗員にも気を遣いたいという方にはお奨めのアイテムです。

Passat CCインテリアパーツ