15店長です。今日はパワーウインドウスイッチ脱着を行います。基本は簡単ですが、構造を理解し、慎重に行ってください。まず、固定されている6カ所の爪を外します。片側の3カ所を外せば6カ所外れやすくなりますが、個体差もありますので、片側が外れたから、必ずもう片側も抜ける訳ではありません。画像のように薄めの内装剥がしを少し入れて爪を外していきます。

16このように下方向へ抜けてきます。外し辛い車両もあるようですが、根気強く少しずつ作業を行ってください。一度に大きく外したり、無理に力を掛けると破損しやすくなりますので、十分に時間を掛けて外してください。



17完全に外れました。これから装着です。装着は簡単ですが、慎重に行わないと、意外にカチッと填りません。パネルの下側からまっすぐに入れるのがコツです。ナナメに入れたり、片側の爪だけが入った状態だと、もう片方の爪が入り難くなることがあります。ご注意ください。



18このように裏側から真っ直ぐに入れます。必ず真っ直ぐに入れてください。もし歪んで入ってしまったら、無理に押し入れずに、再度外してください。外して最初から入れ直してください。歪んで入った状態で無理に押し込むと割れる可能性がございますので、ご注意ください。作業中に「おかしいな」と感じたら、かならず1つ前の作業に戻ってください。


19正しく装着出来た場合は、「カチッ」と入ります。またここで左右の爪6カ所が入っているのかを目視で確認してください。きちんと入っていれば、ここでコネクタを繋ぎます。コネクタはミラーアジャストスイッチとパワーウインドウスイッチの両方を必ず繋いでください。



20あとは元の位置に戻すだけです。戻すのはとても簡単ですが、念には念を入れて、慎重に作業されることをお勧めします。上から被せて押すだけで固定します。




21きちんと填ったように感じても、爪が10カ所もありますので、何カ所かは填っていない可能性があります。各爪の位置を意識して指で力を加えてみましょう。何カ所は「カチッ」というクリック感とともに固定されるはずです。



22これで完了です。見た目もさることながら、予想以上に接触感がいいです。これだけのパーツですが、かなり満足度が高く、インテリアに拘りを持つ方にはお勧めのモディファィです。装着はどなたにでも出来ますが、かならず時間があるときに明るい場所で行ってください。また工具も出来るだけ揃えてください。それがDIYできれいに仕上げるコツと言っても過言ではありません。

Passat CCインテリアパーツ 商品ページ