PACクリーナー1工房長です。脱脂クリーナーの選定にあたっては、いくつかのサンプルを試しました。この3M製のPACクリーナーはそれらの中でも群を抜いて優れた使い心地です。正直、仕入れ単価で他の商品の3〜5倍なのですが、実際使うとそれだけの価値を認めざるをえません。maniacsではあえて3M製のこの商品を選定しています。

何が優れているのかというと、まずクリーナーの本体である不織布です。このポリオレフィン系の不織布は、適度な厚みと張りがあり、なおかつ柔軟性があります。ちょっと独特の感触ですが、これが脱脂作業に好適なのです。しかも、繊維のほつれがなく対象物に繊維カスが残りません。

PACクリーナー2また、材質が柔軟で、強くこすっても対象物に拭き取り傷が発生しにくいのです。たかが不織布、されど不織布。ティッシュやウェスで作業するのとは使い心地が全く違います。この手の作業を少なからず行う私にとって、このプロ仕様の不織布は強い味方です。


それから、含浸されているのがイソプロピルアルコールなのですが、袋を開けると滴るほどたっぷりと含浸しているのが嬉しいです。お手ふき布のように、なんとなく湿った感じではなくて、たっぷりと脱脂液が染み込んでいますので、確実に脱脂できます。

PACクリーナー3また、イソプロピルアルコールは、プラスチックや塗装面へのアタックが少ない上に、乾燥が早く、しかも脱脂力が優れています。粘着テープ貼り付けの下地処理としては、シリコンオフなどの飽和炭化水素系の脱脂溶剤と比較しても、これは誰にでも使い易いと思います。脱脂後、乾燥を待つ時間もほとんど要りません。

添付の取扱説明書には、安全上の注意が細かく書いてありますが、イソプロピルアルコール自体は、医療用として皮膚の殺菌消毒剤にも使われ、整髪料などにも含まれているものです。一般には問題ないと思いますが、皮膚が敏感な方や、アルコール系の成分に敏感な方のために、念のため使い捨ての手袋を添付することにしました(商品価格はそのままです)。必要に応じてご使用ください。

追伸:注射の前にアルコール綿で消毒をしますが(スーッとするやつ)、あれがイソプロピルアルコールです(濃度70%程度に水で薄めたもの)。注射前のアルコール消毒に過敏反応のある方は、必ず付属の使い捨て手袋を着用してください。

3M PAC Cleaner No.300商品ページ