interior工房長です。ゴルフ5に乗り込んで、はじめに感じたのは「囲まれ感」でした。でもちょっと囲まれすぎ?スカットルが高くて見切りが悪いし、左右のウィンドウも直近が見にくい感じ。夜だったせいもあり、穴蔵に落ち込んだような違和感を受けました。

一方、頭上のスペースは広大で、天井までは拳2つ分くらいある感じ。ハンドルの位置も奇妙です。テレスコは一番手前でちょうど良く、チルトは一番下でもまだ高めの感じです。シート自体も、足を投げ出して少し寝そべった感じの姿勢です。

・・・ん?何か全体的におかしいぞ??とよく考えると、シートの座面調整が低すぎるということに気がつきました。身長173センチの工房長は、ゴルフ4ではシート高さを一番下にしていますが、ゴルフ5では勝手が違うようです。

試しにシートリフターを「ギコッギコッギコッ」と3漕ぎほど引き上げると、おぉ、ちょうどいいじゃないですか。すべての違和感が解消されました。程よい囲まれ感は安心感があってイイ感じだし、見切りも良くなり運転しやすいです。ステアリングも良い位置に。

つまりは、開発時に想定しているドライバーの身長範囲が違うってことですね。友人で185センチのガッチリした男がいて、彼は「国産車は窮屈でだめだ」と言ってましたが、ゴルフ5ならイイ感じで乗れるはずです。