VW フォルクスワーゲン/Audi アウディファンのためのオンラインストアのブログ

maniacs Blog

2016年08月27日

gd16799-m-07-dlgd16768-m-03-dl70000340-m-01-dl





ウェブショップ担当です。欠品しておりました商品等入荷しておりますのでご案内させていただきます。 

【新規取扱商品】
・±0 Cordless Cleaner Ver.2 A020【お取り寄せ商品】

【再入荷】
・Left Side FootPlate for Golf7(MT) by maniacs
・maniacs Right Side 4D-FootPlate for Golf7
・maniacs Right Side 4D-FootPlate for Passat(B8)
・maniacs Left Side FootPlate for Audi A3/TT
・VW 1.2/1.4TSI エンジンカバー
・VW純正 フットレスト (Golf5/Golf6/Jetta/Passat(B7))
・VW純正 フットレスト Polo(9N/6R)
・VW純正 Armrest for Polo(6R/6C)
・クラッチペダルストッパー by maniacs
・Audi RS4/RS5/S6/S7 Sトロニックペダルセット
・ECS Front + Rear 2-Piece Brake Rotors(Golf7 R)
・ECS Wheel Spacer & Bolt Kit for VW
・balance it Footrest Cover for Audi A4(8K)/A5(8T)/Q5(8R)
・balance it Footrest Cover for Audi(A6/S6/A7SB/S7SB)
・COX スプリングキット(Golf7 Variant TSI Highline)
・COX Performance Air Filters 各種
・COX TRUNK MAT(Golf7)
・COX Golf7ドリンクホルダー
・OSIR O-REST (Audi TT(8J)/A3(8P))
・PORSCHE 911 エンジンオイルフィラーキャップ
・schwaben Black Mechanics Work Gloves
・schwaben Wheel Hanger (M14/アルミ製)

こちらでご案内させていただいた商品の商品ページが「SOLD OUT」表示になっている場合は、入荷後に完売したものです。次回入荷までしばらくお待ちいただけますようお願い致します。
※諸事情により、再入荷しない商品もございますのでご了承ください。
maniacscojp at 18:18|Permalink││入荷のお知らせ 

2016年08月26日

こんにちは!
maniacs ウェブショップ担当の西村です。

本日は、最近多くのお問い合わせをいただいている「VW 1.2/1.4TSI エンジンカバー」の適合について、Polo(6R/6C)ブルーGTにおいて、装着可能だということがわかりましたのでお知らせいたします!!

IMG_4293


Golf7などの車種においてもコストカットの影響か標準装着されなくなってしまったこの商品、通常は誰も気づきませんが、ボンネットを開けるたびに引き締まったエンジンルームを見て、ニンマリしてしまうこと間違いなしです!

商品詳細につきましては商品ページをご確認くださいませ♪ 

VW 1.2/1.4TSI エンジンカバー 
maniacscojp at 16:30|Permalink││商品紹介 | 装着例

2016年08月25日

ストアコンシェルジュ遠藤です。

先日当ブログでご紹介させて頂きました、m+ Friction Free Module Four-layer早速数多くのお客様にお取付させていただきました。装着させて頂きましたお客様からは半信半疑だったけど、効果をしっかり体感出来てビックリしたとのお声を頂戴しております。

FFM_PKG (1)OOS_0175OOS_3150_ (1)
 
改めて本製品を御紹介させて頂きます。
製品名がm+ Friction Free Module Four-layerとなりまして、
名称では何のパーツかよくわからないとおもいますが、車両が走行中に発生するフリクション(摩擦 抵抗)を減少させ、より走行が快適となる製品です。

本製品は、原材料にエネルギーを放出するいくつかの素材を組み合わせ、四層構造にすることで高効率な電子を発生させ、電子を車体の 隅々まで運び、各部に帯電した静電気を中和減少させます。

走行中にも空気と車体の摩擦によって静電気が発生し、それがフリクション(摩擦抵抗) となりますが、この静電気の発生を電子が抑えることにより、空気との摩擦抵抗まで も軽減させることができます。 

エンジンがスムーズになったり低速域が乗りやすくなったり乗り心地が良くなります。 
また車両や装備品をきれいに保ったり、汚れがつきにくくなったりする作用もあります。 
更に長距離走行や長時間走行などの場合に疲労が少なく、安全で快適で楽しい移動 が可能になります。
決して動力性能だけではなく、感覚性能、快適性能も向上させる 製品です。 
商品装着後はアクセルを戻しても減速が緩くなりますので、車間距離などにご注意が必要です。

装着は車種問わず、バッテリーのマイナスターミナルに接続するだけで完了。
装着して から半永久的に継続して効果を発揮します。 

弊社チーフメカニック大森や、装着させて頂いたお客様からも大絶賛のこの商品、
maniacs STADIUM店頭にて販売をしておりますので、
是非チェックしてみてください! 
maniacscojp at 11:15|Permalink││スタッフ日誌 

2016年08月22日

皆さんこんにちは。maniacs公認サポーターのじぇいです。今回はGolf7のドアミラーと、ドアミラーカバーの取外し/取付け方法をご紹介いたします。maniacsではGolf7用に各種のミラー、ミラーカバーを取り揃えて販売しておりますので、お客様のニーズやお好みに合わせた多様な組合せのモディファイが、このマニュアルで実施できます。なお、以下の説明は全て助手席側のものです。運転席側の場合は、写真の左右を逆転したイメージで作業を行なってください。

  
Golf7_MMC_01Golf7_MMC_03Golf7_MMC_05






ではドアミラーの外し方からご説明いたします。近年の車のミラーは軽量化のためにミラーのガラスが薄めに作られているため、局所的な力や無理な力を掛けると割れる可能性があります。適切なツールを準備することが重要です。今回使用したのは上左写真に示しますSUCTION CUPと幅広のリムーバツール(KTC製、ハンディリムーバーワイドタイプ(AP201-W)。KTC ハンディリムーバーセット(4本組)に入っています)です。

SUCTION CUPはゴム部をミラーのガラスの面に押付けてハンドルを矢印のように閉じると、ゴムの内側が真空になり強力に吸引固定されるツールです。このSUCTION CUPは、ミラーを均等に引っ張るためにほぼ必須と考えてください。幅広のリムーバルツールは、ご用意がない場合は手指でも代用できます。作業はまず、ミラーを一番上向きに操作します。次にミラーの表面とSUCTION CUPのゴム面を清浄にします。


Golf7_MMC_07SUCTION CUPはミラーの真ん中より少し下に取付けます。次に幅広のリムーバツールをミラーの下側に、ツールの幅全体が当たる位置に差し入れます。その状態でSUCTION CUPをやや斜め上方に引きながら、リムーバツールで補助的にミラーの下をこじると、ミラーを固定している爪が外れます。SUCTION CUPを主体的に、リムーバツールは補助的に力を加えるのがコツです。少し力が必要ですが、適切に作業すればミラーが割れる心配はありません。


Golf7_MMC_09幅広リムーバツールのご用意がない方は、手指で代用します。手の小さめな小生の場合、写真のようにミラー下側の隙間に3本の指(人差指〜薬指、小指は短くて上手くかからず)を差込んで、SUCTION CUPを引張りつつ、指でミラー下側を補助的に引張ってミラーを外せました。手指の大きい人の場合は、指が入らなかったり、両手同士がぶつかって、やりづらいかもしれません。やはり、できれば幅広のリムーバルツールを使用した方が作業性は良いです。


Golf7_MMC_11ミラーの爪は複数あり、一箇所爪が外れただけでは取外せません。更にSUCTION CUPとリムーバツールを使い、爪を徐々に外していきます。2〜3箇所外れた感触があった後に、ミラー全体を取り外すことができます。ミラー裏面にはヒーターの配線が繋がっていますのでコネクタ部で分離します。コネクタが固くて手指で外せない場合は、ラジオペンチで慎重に掴むか、リムーバルツールでこじって外します。ヒーターの配線を外すと、ミラーは完全に取外しできます。

Golf7_MMC_13Golf7_MMC_15Golf7_MMC_17






次にドアミラーカバーの取外しです。ですがその前に、ミラーカバー(上部のペイントされた部分)と下のカバー(黒い梨地部分)を、養生テープなどで仮に繋いでおくことをお勧めします。ミラーカバーは意外と突然外れるので、手元が滑って地面まで落下してしまう恐れがあるからです。落下防止のため、少しズラせるだけの余裕を持った状態でテープを貼付けておきます。

取外しは、まずミラーカバーを固定している2本の爪を外します。上中写真に示す、2箇所のボディ同色の箇所がその爪の引っ掛けフック部です。これらを下に押し下げると、引っ掛かっていた爪から外れます。この2箇所の爪が外れた状態で、上右写真のようにカバーを前方に引き出すと、カバーを取り外すことができます。

Golf7_MMC_19左写真は、カバーの固定構造の説明です。先ほど外した2本の爪以外に、ウインカー上部に2箇所の爪があります。また車体側の側面部分はカバーが下部部品の凸部に覆いかぶさり、更にカバーの後端(ミラー側)は、ミラー周りの黒色枠の内側に入り込むという、やや複雑な固定方法です。速度無制限のアウトバーンを走るには、このぐらい厳重な固定が必要なのかもしれませんね。カバーの取り外し作業は、以上で完了です。

Golf7_MMC_21Golf7_MMC_23Golf7_MMC_25






ここからは、カバーの装着作業を説明します。今回の説明用写真では、取外した部品をそのまま復旧していますが、カバーを交換して新しい部品を取付ける場合も手順は同じです。まずはカバーのうち、車体側の側面を、下側部品の出張り部分に覆いかぶせます。このときウインカー上の爪を嵌めるために、カバーは少し前方に出した状態にしておきます。カバーは側面が弾性変形する感じになりますが、上からちゃんと押して上下左右の位置がずれないようにしておきましょう。カバーは手を離すと外れて落ちてしまうかもしれませんので、養生テープで落下防止をしておくと完璧です。

次にカバーを後方(上中写真では右側)にずらしていきます。このとき、カバーを外すときに押し下げた2箇所のフック部分が、周囲に干渉せずにちゃんと爪に掛かる位置に挿し込まれていくことを確認してください。上右写真のような感じになっていれば大丈夫です。特に外側の部分は爪周りのスペースが小さいために、カバー裏面のフック部分が爪下のスペースにちゃんと入っていない(周りの部品にぶつかった状態)ことがあります。その状態のままカバーを無理に押すとフックが折れる可能性がありますので、十分に目視確認し、無理な力が掛かっていないかの感触も確かめながら、慎重に嵌めてください。

Golf7_MMC_27Golf7_MMC_29Golf7_MMC_31






カバーを後方に嵌めていくと、カバーの後端がミラー周りの黒色枠部品内側に入り込もうとする位置で、上左写真のように一度当たって止まる場合があります。カバーを上から押さえながら、黒色枠部品の内側に差し入れるようにして干渉箇所を解消することで、正規の状態に噛み合わせることができます。コツは、車体寄りを最初に入れるようにし、次に外寄りの部分を差し入れると上手く入ると思います。最後に両手で十分にカバーを押し込み、上右写真のように両側の爪が掛かっていることを確認したら、カバーの取付けは終了です。上中央写真のように両手の指を黒い部品に引っ掛けながら”ぐっ”とカバーを両掌で押付けるか、又は右手で黒い部品を支え、左掌で車体色のカバーを押して、両腕の力で筋トレのように押さえこむと、爪がカチ、カチっと嵌まります。

Golf7_MMC_33Golf7_MMC_35Golf7_MMC_37






上記の要領でカバーを嵌めて行くのが難しい場合は、ミラー周りの黒枠部品を一度“ぐらぐら”な状態にするとやり易くなります。上左写真に示すT10トルクスのタッピングスクリュー2本を外した後、上中央写真に示す上面から見える爪をペンチなどで摘んで金属フレームから後方に押し出すと、ミラー周りの黒枠部品が、“ぐらぐら”な状態になります(ミラー取付部があるので落下することはありません)。この状態でミラーカバーをオリジナル位置に戻し、最後に”ぐらぐら”になった黒枠部分を押し込む手順ですと、各部品が動ける範囲が大きいので、比較的簡単に組立てる事が出来ます。ミラーカバーの爪を嵌めていく手順と注意点は、前述の基本的なやり方と同様です。

Golf7_MMC_39Golf7_MMC_41






ミラーカバーのフックがちゃんと黒枠の爪に掛かったら、先ほど外したタッピングスクリュー2本を復旧します。最後に金属フレームから外した黒枠の爪を復旧するわけですが、爪の裏部分はちょっと奥まった場所なので、指で押すしかありません。しかし意外と硬く、小生の力では爪が嵌るまで押せませんでした。そこで裏側にあて物(上右写真ではラゲージルームの床下に入っている純正車載工具のうち、プラスティック製のヘキサゴンソケットを使用してますが、太い棒形状のものなら何でもOKです)を置き、軽く叩くと爪が金属フレームに嵌ります。これでカバーの復旧作業は終了です。

Golf7_MMC_45Golf7_MMC_47Golf7_MMC_49






最後にミラーの装着です。まずはヒーター配線を接続します。ヒーターですので極性はなく、プラス/マイナスは気にせず2本を接続して大丈夫です。ミラーを社外品に交換した場合、ミラー側の端子が純正品よりも薄い場合ばあり、その場合は端子の嵌まりが緩目になってしまいます。嵌まりが緩いと感じた場合は、上中央写真のようにペンチなどで軽く潰して嵌め合いをきつくしてから接続してください。その際、潰し過ぎるとキツくなりすぎて挿し込めないので、適度に潰してください。

ミラーアジャスターの円盤状の装着部には4本の突起があります。一方のミラーの裏面には、2本の爪がペアとなったものが4セット、合計8本の爪があります。ミラー側のペアになった爪の間に、ミラーアジャスターの突起が入る位置関係になるようにミラーの位置をセットし、ミラーを取付部に押付けます。その際、ヒーターの配線がミラーと取付部の間に挟まらないように注意してください。軽くあてた状態で上下左右および回転方向にミラーを微かに動かしてみて、爪同士が正しく噛み合っているかを感触で確かめてください。

Golf7_MMC_51後はミラー全体を一気に押し込んで、とくに爪がある部分を重点的に押付ければ爪が“パチン”と嵌って固定されます。一度の押付けでは全ての爪が嵌らないかもしれませんので、押す位置を少しづつずらして数度押付けてください。最後にミラーが浮いてるようなフカフカした感触が残っていないか(=爪がちゃんと全部嵌ったか)を、ミラーを押した際の感触で確認して、異常がなければミラーの取付作業は完了です。

ミラーを外す作業は「割れるんじゃないか?」と不安になり、おっかなびっくりな作業になりがちですが、適切な工具を使用すれば、そのような心配はなく、自信を持って力を加えることが出来ます。やってみますと、意外と簡単に外すことができますよ。初めてですと力の加減のコツを掴むのに、ちょっと時間がかかるかもしれませんが、慣れると片側10分も掛かりません。カバーの脱着も同様で、慣れるとミラーとカバーの同時交換で、運転席側と助手席側合わせて30分ぐらい。初めての作業で、ゆっくり手順を確認しながらでも1時間程度で完了すると思います。

Golf7は、ちょっとミラーの死角が多いなぁと感じることもあり、屈曲ミラーへの交換は視界確保の観点からも、非常に実用的なモディファイです。またミラーカバーは目立つ位置にあるため、エクステリアの印象をガラッと変えることができる効果的なモディファイです。意外とご自身でできてしまう作業ですので、ご興味の方はぜひ交換を検討されることをお勧めします。ではでは!!(高機能ミラーについては、機能に応じて裏面配線が必要になります)

【純正/純正互換ミラー】
Golf7 右低屈曲ミラー (商品ページ)
Golf7 US CAUTION 右低屈曲ミラー (商品ページ)
AUTO STYLE WIDE VIEW BLUE DOOR MIRROR LENS (Golf7) (商品ページ)


【純正/純正互換 高機能ミラー】
Golf7 右低屈曲ミラー(ブラインドスポットディテクション対応)
GARUDA BLLED MIRROR (Golf7)
GARUDA BLLED MIRROR SEQUENTIAL TYPE for VW


【純正/純正互換ミラーカバー】
VW純正 Golf7 カーボンミラーカバー (商品ページ)
VW Golf7 R/Golf7 R Variant 純正ミラーカバー (商品ページ)
VW Piano black Mirror Caps (Golf7) (商品ページ)


Golf7_MMC_43おまけ: 以下は応用編になります。上記のやり方で作業を行なう方には不要な手順となりますので、以下は無視してください。
実はミラーカバーの取外し/取付けは、左写真のようにミラーを外さない状態で、カバーだけを先に外すことも可能です。ただし、この場合、外す際も嵌める際も作業する箇所(爪の周り)が見難く、難易度が高くなります。可能な限り面倒でも一旦ミラーを外し、作業場所がよく見える状態での作業を推奨します。

社外製のミラーを先に装着している車両に、あとからミラーカバーを交換する場合など、当該社外製ミラーの裏面固定爪が外れにくい、折れ易いなどの理由で、ミラーの脱着作業を避けたいケースがあります。その場合はミラーを装着状態のままで、この写真のようにカバーだけを取り外す方法が有効になる場合があります。この作業を行なう場合、隙間から内部をライトで照らすなどして、内部の構造(爪とフックの位置関係など)をしっかり把握して作業を行なってください。

maniacscojp at 12:00|Permalink││注意事項・装着マニュアル 

2016年08月21日

OZ_FM_mani0727

ストアコンシェルジュ遠藤です。

夏季休業も終了して本日よりmaniacs STADIUM営業再開です!

さて当ブログでも何度かご紹介させて頂いている、OZ Fun Meeting 9月3日@ミュゼオ御殿場 引き続き参加者募集中です。本イベントは日頃の感謝を込めて愛車にO・Z, MSW, SPARCO ホイールを装着している方に限定したオーナーさまのランチミーティングです!会場では maniacs スタッフだけでなく、O・Zジャパンスタッフの方々も参加し、オーナーさまと交流をしたいと考えております。 

参加条件はフォルクスワーゲン車およびアウディ車で、O・Z ホイールを装着している方。さらに maniacs にてホイールをご購入いただきましたオーナー様は今回特別にご招待いたします。もちろん、すでに O・Z, MSW, SPARCO ホイールを装着しているお客様も、ご参加いただけます。お洒落なランチを味わいながら、素敵なひと時をお過ごし下さい。

会場のミュゼオ御殿場は、3000坪の広大なグラスガーデンと富士山をご覧になりながら、ゆっくりとお食事をお召し上がり頂けるレストランがございます。カーイベント、新車発表会や展示会など多彩な催事イベントが開催されている、自動車イベントではおなじみのスペースです。

ミュゼオ御殿場 Museo御殿場 -富士山周辺でのランチ・ディナー-

なお、当日はプロカメラマンによる、愛車の撮影(数に限りがあります)なども行います。オーナーさまだけでなく、ご同伴も大歓迎です。ぜひ、ミュゼオ御殿場の素敵な会場で、優雅なランチのひとときをお過ごしください。

※定員に限りがあります。先着順での申込となります。

この件に関するお問い合わせは、045-620-6766 までお電話にてお問い合わせください。
担当:杉田(すぎた)、山下寿人(やましたひさと) 
maniacscojp at 11:45|Permalink││スタッフ日誌 

2016年08月20日

皆さんこんにちは。maniacs公認サポーターのじぇいです。今回はAudi のカーテシランプ交換方法をご紹介いたします。ドアを開けた際にシャープなロゴが足元を照らす、なんともAudiらしい、おしゃれな一品です。またAudi純正パーツですのでフィッティングもばっちりで、交換作業も簡単な製品です。

Audi_CTL_001Audi_CTL_003Audi_CTL_005






まずはドアを開け、しばらく放置します。するとカーテシランプが消灯しますので、この状態(ランプに電気が流れていない)状況で作業を行います。点灯していたランプの消灯直後は熱くなっていますので、少し冷めるのを待ってから作業を開始してください。

ランプが消灯して冷めたら、上写真左側のように、当該ランプのドアヒンジ寄り(写真で左奥側)にある、ランプの凹みにリムーバツール(使用しているのはKTCのフラットタイプヘラです)を差し込み、引き外す方向に力を加えて、ランプを外します。(VW,Audi車の他のランプ灯体を外した経験のある方は、それらを同様の要領です)

ランプの先端が外れたら上写真中央のように、ランプを斜め下に引き出していきます。作業できる程度まで引き出したら、コネクタを分離します。コネクタはロック付きなので、上写真右側のようにロック部分を押しながらコネクタを外していきます。(なお、車両がA6,A7の車両は配線ハーネスの長さにほとんど余裕がなく、外したコネクタが内部に入り込んでしなわないように、コネクタの首部分に先に紐を結んでおく等の工夫をお勧めします)

Audi_CTL_007さて、じつはここまでの作業を商品購入の前に一度行ない、コネクタの形状を確認する必要があります。理由は、Audiでは車両個体によってカーテシランプにつながるコネクタの形状が2種類あるためです。ご自身の車両のコネクタ(カプラー)形状を見ていただき、それと同形状のランプを購入してください。写真の車両はVer.1が適合します。商品ページに各コネクタ形状が写真で記載されていますので、確認して購入してください。

Audi_CTL_010また、装着の際は、ランプに左右の区別があります。4ringsは、左右を違えても実害ないのですが、quattroロゴが投影されるタイプでは、ランプの左右を間違えるとロゴがひっくり返って投影されます。左写真は links/left と書かれています。これは左ドア用を意味します。この部分に rechts/right と書かれているものは右ドア用になります。間違えても左右を入れ替えれば済むのですが、2度手間を防ぐために、あらかじめ確認しておきましょう。

Audi_CTL_009Audi_CTL_011






さて、新しく用意したランプにコネクタを接続し、ランプを元に戻していきます(A6,A7の場合は、配線ハーネスに余裕がなくコネクタの接続がやり難いですが、リムーバルツールなどを補助的に用いて、確実に接続してください)。コネクタを接続したら、そのコネクタ側を先にドア内部に差し入れ、反対側を下から押せば、パチンと嵌って固定されます。

Audi_CTL_013今までの作業写真は全て前側ドアですが、後部ドアも全く同様の手順で交換できます。参考用に後部ドアでの写真を左に掲載しておきます。




作業そのものは、ゆっくりと手順を確認しながらでも、1箇所数分で終わってしまうぐらいの簡単な作業です。ちなみに作業時間で一番かかったのは、ドアを開放したままランプが消えるまで待つ時間でした(笑)。

Audi_CTL_015作業完了したのが左の写真です。今回は前後とも4 ringsが投影されるものに交換してみました。非常にシャープなロゴが路面に投影され、無意味にドアを開けたくなること請け合いです。ぜひとも我がGolfにも純正品で登場して欲しい製品ですね。他のバリエーションとしてquattro文字が投影されるものもラインナップされていますので、好みに応じて選ばれてみてはいかがでしょうか?ではでは!!


Audi Door Entrance LED Ver.1 - 4rings (商品ページ)
Audi Door Entrance LED Ver.2 - 4rings (商品ページ)
Audi Door Entrance LED Ver.1 - quattro (商品ページ)
Audi Door Entrance LED Ver.2 - quattro (商品ページ)

maniacscojp at 10:00|Permalink││注意事項・装着マニュアル 

2016年08月18日

皆さんこんにちは。maniacs公認サポーターのじぇいです。「インテリアライトをLEDバルブ化する3回シリーズ」の最終回は、メークアップミラーライトのバルブ交換です。年式によっては、この部分に最初からLEDが装着されている車両もあります。ご購入予定の方は購入ボタンを押す前に、ご自身の車両の照明が電球(暖黄色の光)かLED(白色光)かを確認してください。

なお下記の写真や説明は、助手席に対して行っている状況です。運転席の場合は左右が逆になります。

Golf7_MKM_Lamp_00Golf7_MKM_Lamp_21Golf7_MKM_Lamp_03






今回も今までと同様に、ランプが消灯した状態での作業をお勧めします。理由は点灯直後のバルブや周囲の金属は高温になっているので火傷の危険があり、また通電状態での作業は安全上で好ましくないからです。メークアップミラーの場合は、ミラーのカバーが閉まっている、又は全てのドアを閉めてキーのリモコンでドアをロックすると照明が点灯しなくなりますので、そのいずれかの状態にしてください。上左写真のようにミラーのカバーを閉め、念のため養生テープで動かないようにしておけば完璧です。

準備ができたら、ライトを外します。ライトのドア側(上写真は助手席側なので左側=ドア側)にツールを差し込める凹みが付いていますので、ここにリムーバツールを引っ掛け、下側にひくと簡単にライトが外せます。一段引っ込んだ位置にライトが有るため、写真のようなL字型のリムーバツール(写真はKTC製のハンディリムーバー ナロウタイプ)が使いやすいと思います。(手指の爪を凹みに引っ掛けても外すことも不可能ではありませんが、怪我の原因になりますのでお勧めしいたません)

ライトの灯体全体が外れたら、配線を引っ張らないように注意しながら引き出します。ライトに接続されているコネクタはロック機能がついていますので、ロックを左右から指で挟みながら引き抜くとコネクタとライト灯体を分離できます。上右写真を参考にしてください。なお、車両によってコネクタの配線が短めで、配線にクセがついている場合、コネクタがルーフの穴から上部に引き込まれて見失ってしまう可能性があります。外したコネクタ部に仮にマスキングテープなどを貼って延長しておくと安心です。

Golf7_MKM_Lamp_23Golf7_MKM_Lamp_25






続いてノーマルの電球をライトの灯体から外します。電球は電極の金具で挟んで固定されていますので、金具を広げ気味にしながら電球を引っ張る感じで外してください。

次に準備したLEDバルブを取付けます。元のように金具のバネ圧で挟まれた状態にすればOKです。もし金具がキツすぎたり、逆に緩かったりする場合は、一旦LEDバルブを外して、金具を軽くまげて微調整してからLEDバルブを再装着します。LEDバルブは片面発光で、裏表があります。写真のように発光面が透明レンズの方(写真で向こう側)になる向きに取付けてください。

また、LEDには極性があり、プラスとマイナスを正しく装着する必要があります。逆向きに取り付けても破損等の心配はありませんが、点灯しません。写真のようにLEDバルブ裏面に+のマークのある方がコネクタ寄りに、−のマークのある方がコネクタから遠い方になる向きに装着してください。

Golf7_MKM_Lamp_27LEDバルブを装着したライトに、車両のコネクタを接続します。十分に奥まで差し込んむとパチンとロックが掛かります。次にミラーのカバーを開けて、ランプを点灯させてみましょう。ランプが付かない場合は、一度ドアを開閉(又は閉開)してみてください(メイクアップミラーライトはエンジンを切った状態でドア操作が一定時間行われない場合に自動的に電源が切れるようになっているため)。

それでも点灯しない場合は、コネクタがちゃんと刺さっているかを確認し、さらにLEDバルブの極性が間違って取付けられいないか確認してください。誤っている場合はメークアップミラーのカバーを閉めて消灯させてからランプをコネクタから外し、バルブをプラス/マイナス逆に取付け直しましょう。これでランプは正しく点灯するはずです。


Golf7_MKM_Lamp_22Golf7_MKM_Lamp_29






点灯が確認できたら、ライトを車両に固定します。取外しとは逆にコネクタ側を先に天井部分に差し入れてから、車両外側部分を上に押し込むようにして固定します。押し込んだ後もドア側のライト部分がちゃんと固定されていない(下に引っ張るとすぐ外れる)場合は、金属バネ部分の凹みに天井内装が正しく嵌っていない可能性があります。この場合は上写真右側の指で押しているあたりを、ほんの軽く叩いてみてください。これでちゃんと固定されるはずです。

Golf7_MKM_Lamp_31運転席側も同じようにして作業すれば、メークアップミラーランプのLED化は完了です。おおよそ片側5〜10分ぐらいの作業だと思います。





以上3回に分けて、Golf7の室内照明をLEDバルブに交換する方法をご紹介いたしました。室内照明ランプの取付方法はほとんど一緒で、交換の難易度も高くないことがご理解いただけたと思います。インテリアのLEDバルブ化は、Golf7の車両イメージに相応しいクールなファッション性が人気の理由ですが、明るくなり実用的な効果も高いので、とてもお勧めのモディファイです。皆さんも如何でしょうか。ではでは!!

core LED ST F37(バニティミラーランプ用LEDバルブ) (商品ページ)

maniacscojp at 10:00|Permalink││注意事項・装着マニュアル 

2016年08月16日

皆さんこんにちは。maniacs公認サポーターのじぇいです。ご好評いただいております「インテリアライトをLEDバルブ化する3回シリーズ」 第二弾は、ラゲージルームライトの照明をLEDバルブに変更する手順をご紹介します!車両のランプ類をLEDに統一したい方はもちろんのこと、ラゲージルームライトの光量をアップさせたい方にもお勧めのモディファイです!

作業は、まずラゲージルームライトを取り外しますが、その前に注意点。この作業は、テールゲート(リアハッチ)を閉めた状態、すなわちラゲージルームライトが消灯している状態で行なうのが原則となります。理由は、ライトの点灯中や消灯直後はライトの金属部分や電球周辺が高温になっていて火傷のリスクがあること、通電している状態でランプのコネクタを脱着することも安全面からお勧めできないためです。

ですので、ちょっと面倒ですが、ラゲッジ内の荷物を下ろし、リアシートバックレスト(後部座席の背もたれ)を倒してスペースを確保し、テールゲートを閉めた状態で、ラゲージルーム内からライトにアクセスすることをお勧めします。(テールゲートを開いた状態で後方からのアクセスで作業することも不可能ではありませんが、その場合は自己責任にて、火傷またはショートなどの起きないように十分にご注意ください)

Golf7_LRL_001Golf7_LRL_003Golf7_LRL_005






さて、それでは交換方法の紹介です。上左写真のように、車両後方側にあるライトの凹部にリムーバツールを差込み、コジってランプを外します。ライトの後側にはあまりスペースがないので、写真のようなL字型のリムーバツールが使いやすいです。写真で使用しているのはKTC製のハンディリムーバー ナロウタイプです。

ライトの固定がどうなっているか?を示したのが上中写真です。片側の凹部に車両内装が嵌り込み、反対側の部分はスプリングで内装を挟み込んで固定する構造になっています。VWやAudiで使われるている、ほかのライト類と同様の固定方法ですね。

ライトにつながっているコネクタはロック付きなので、上右写真に示すロック解除部分を両側から摘みながら、コネクタを外していきます。なお、直前までランプを点灯させていた場合は、バルブやその周囲の金具か高温になっていますので、火傷には十分注意してください。冷えるまで待ってから作業するようお勧めします。

Golf7_LRL_007maniacs02






バルブや周囲の金具が冷えているのを確認したら、ライトからバルブをはすしていきます。バルブは上左写真のように、両側から金具で挟んで固定されています。よくよくみると片側の金具には切り欠きが有りますので、こちら側を切り欠きに沿って押し出す感じでバルブを外していきます。

Golf7_LRL_009maniacs01






次に用意したLEDバルブを、外した逆の要領でライトに取り付けます。LEDバルブは片面発光ですので、表裏があります。発光面(表面)が写真のように透明レンズ側(写真では下向き)に向くようにしてください。また、LEDには極性が有り、プラスとマイナスを正しく装着する必要があります。極性を逆に取り付けてしまうと点灯しません。写真のように、裏面に+のマークのある側がコネクタ寄りに、−のマークのある側が赤銅色の電極の方にくるように装着してください。

装着の際に、もし金具がキツ過ぎたり、緩かったりする場合は、一旦LEDバルブを外してから金具を若干広げるか狭めるうように曲げて微調整してから、LEDバルブを再装着してください。LEDバルブがガタガタしたり緩々に回転してしまったりせずに、左右からの端子のバネ圧で概ねピシッと固定されれば正常です。

Golf7_LRL_011バルブを装着したら、ライトをコネクタに接続します。コネクタは根元まで差し込んでください。ロックがパチンと掛かります。次にこの状態でテールゲートを開け、ライトを点灯させてみます。万一点灯しない場合は、コネクタが正常に差し込まれているかを確認し、それでも点灯しない場合は、LEDの極性が正しく装着されているかを確認してください。誤っている場合は、必ず一旦コネクタを抜いてからバルブを逆向きに装着し直してください。それで点灯するはずです。

Golf7_LRL_003Golf7_LRL_013Golf7_LRL_015






点灯が確認できたら、ライトを車両に装着します(通電していない状態で行なってください、またLEDバルブ換装後も通電時および通電直後は熱くなりますので、ご注意ください)。前述しました取付構造を上左写真に再掲しておきます。この写真左側の凹み部に車両の内装をはめ込み、ライトの右側部(上写真中央で指で押している部分)を上に押せば、ライトはパチンと嵌って固定されます。以上で作業終了です。

作業時間としては、ゆっくり確認しながらでも10分ぐらいで完了できるもので、DIY初心者の方でも取り組みやすい作業だと思います。テールゲートを開ける度に効果を感じられるアイテムです。夜間の荷物の出し入れなどはラゲージルーム内が明るく、良く見えるようになり、ファッション性だけでなく実用的な改善効果も実感できます。皆さんも交換されてみてはいかがでしょうか。ではでは!!

core LED ST F41S(トランクライト用LEDバルブ) (商品ページ) 
maniacscojp at 15:01|Permalink││注意事項・装着マニュアル 

2016年08月15日



maniacs STADIUM(店舗)の夏季休業日のお知らせです。

■maniacs STADIUM(実店舗)
8月15日(月)から8月20日(土)は夏季休業とさせて頂きます。
8月21日(日)より通常営業となります。

■maniacs Web Shop(インターネット通信販売)
通常通りご利用頂けます。発送のお休みはありません。お問い合わせのメール返信、またお取り寄せ商品に関しては、通常よりもお時間を頂きますので、予めご了承ください。 
maniacscojp at 09:00|Permalink││スタッフ日誌 

2016年08月14日

皆さん、こんにちは。maniacs公認サポーターのじぇいです。今回は最近発売された、”maniacs 4D ブラインド・タッチ・マーカー”をご紹介したいと思います。こんなの有ったら良いなぁ、を具現化した、かゆいところに手が届く製品です。ホントに小さな製品なのですが、4Dコンセプトの名を冠するところにmaniacsのこだわりが見える一品ですね。ちなみに小生も商品化を工房長にお願いしたこともあった、ちょっと思い入れのある商品です。

Golf7_BTM_01使用例は商品ページにもいくつか記載されていますが、小生の場合はパワーウインドースイッチに貼ってみました。運転席の窓を開けたいのに、なぜかブラインドタッチすると後部座席の窓を操作してしまうことが多かったからです。もちろん装着後はこのようなミスは無くなり、「あっ、間違えた」というほんのちょっとのストレスでしたが、それが解消されると思った以上に気分スッキリ!便利な一品です。

そこで考えました。何もこの製品の用途は車に限った話じゃないなぁ、と。そこでいくつか身の回りのものにも使用してみた事例をご紹介したいと思います。名づけて、「こんなところにmaniacs」第一弾です。第二弾があるか?は不明ですが(汗)

Golf7_BTM_03まずは、パソコンの外付10キーに使ってみました。この製品はキータッチも良くてお気に入りなのですが、何せ"5"の部分にある突起が小さく、ブラインドタッチ中にホームポジションを見失うことがあり、その点だけは残念なものでした。ブラインドタッチマーカーは、まさにこの用途のためにあるようなもので、貼ってみたところバッチリでした。ついでにちょっと遠い位置にあるBackSpaceキーにも貼ってみたところ、自信を持ってキーが押せるようになり、大満足です。

ところでこの商品、あまりにも小さくて位置決めが上手く出来ない方もおられるのではないでしょうか?形状も半球状で、ピンセットでもちょっと摘みにくいですよね。

Golf7_BTM_07そこで小生がやっている貼付け方法は左写真の通りです。マーカーを剥離紙からずらして、剥離紙の端に半分〜1/3ぐらいかかるように乗せて、貼りたい位置に持って行きます。そして貼付対象にマーカーを押し付けて位置を決めた後、剥離紙を横に引張って抜いています。最後に再度マーカーを上から押さえつけて密着させれば完了です。なお貼付け面は、事前に脱脂しておくと完璧ですね。


Golf7_BTM_05左写真はもう一つの使用例です。真夜中の真っ暗な状態で、家の照明スイッチを手探りで押すときに、よくスイッチを押し間違えることがありました。そこで縦3連スイッチの中央にブラインドタッチマーカーを貼ってみたところ、押し間違えが無くなって快適になり、嫁さんにも好評なモディファイ?となりました。


他にも、昨今のあまりにもキーの多いリモコンに使うとか、用途はアイデア次第でいくらで広がる商品です。皆さんもお役立ちグッズとして、身の回りでも使用されてみてはいかがでしょうか?ではでは!!

maniacs 4D ブラインド・タッチ・マーカー(4個セット) (商品ページ)


maniacscojp at 10:00|Permalink││注意事項・装着マニュアル 

2016年08月13日

OOS_8354                                  
maniacs山下寿人です。
イタリアのホイールメーカー、O・Z社の別注モデル、OZ Superturismo-LM Nero販売中です!今回の別注のポイントは、レギュラーモデルのOZ Superturismo-LMでは設定のないグロスブラックであること、更にAudi純正のホイールセンターキャップが装着できることです。もろちん、Audi A3シリーズの専用ハブ設計で、純正ボルトもそのまま使用出来ます。世界で唯一の仕様なのです。まさにジャパンスペックエディションです!

ここ最近のAudiのハイパフォーマンスモデルは、純正ホイールがグロスブラックでのリリースがありました。それはAudi R8 とAudi TTS(8S)です。この2つのモデルは、東京モーターショーでグロスブラックのホイールを履き、フォーリングのグロスブラックのセンターキャップを装着していました。

純正でも当たり前となってきたグロスブラックホイール。そこで、デザインは完成されているOZ Superturismo-LMをグロスブラックで、Audi R8に装着されていたAudi純正グロスブラックセンターキャップを装着したら、かなりカッコいいのでは?と思ったのが始まりです。

早速、OZジャパンさんに相談して、イタリアで試作品を作って頂いたところ、想像以上の出来でしたので、これであれば、2サイズのバリエーションで作りたい!とお願いしたところイタリアでも快諾して頂きまして、商品化に至りました。まるで当然のようなグロスブラック、当然のようにAudiのセンターキャップが装着出来ますが、これはどこにもないモデルです。
今回のモデルは、2つのサイズがあります。1つはSportback用。もう1つはSedan用です。原則、S3/A3用として開発しましたが、TTなどにも装着可能です。詳しくはお問い合わせください。

以下、純正ホイールに対して、OZ Superturismo-LM Nero を装着した場合に、ホイールの面が、どれだけ外側に出るのかを記載しております。原則車検には問題のないサイズではありますが、よりイメージできると思いますので、ご確認ください。

OZ Superturismo-LM Nero (18インチ/7.5J)を装着した場合

Audi S3/A3 Sportback 8P
16インチ 6.5J×16  ET50 +12.7mm
17インチ 7.5J×17  ET56 + 6.0mm
18インチ 7.5J×18  ET54 + 2.0mm

Audi S3/A3 Sportback 8V
16インチ 6.5J×16  ET46 +7.7mm
17インチ 7.5J×17  ET51 +1.0mm
18インチ 7.5J×18  ET51 +1.0mm

OZ Superturismo-LM Nero (18インチ/8.0J)を装着した場合

Audi S3/A3 Sedan 8V
16インチ 7.0J×16  ET40 +6.7mm
17インチ 7.5J×17  ET43 +3.35mm
18インチ 8.0J×18  ET46 +0.0mm

今回もタイヤセットもご提案しております。セット内容のタイヤ以外のタイヤをご希望の場合は別途ご相談ください。またSportbackに8Jのホイールを履かせる場合は、車高調やローダウンスプリングの装着が必須となります。詳しくはお問い合わせください。

OZ Superturismo-LM Nero (18インチ/7.5J)(商品ページ)

OZ Superturismo-LM Nero (18インチ/8.0J)(商品ページ)

また先日ブログでご案内しました9月3日ミュゼオ御殿場で開催します
「OZ Fun Meeting 」にmaniacs でホイールをご購入いただきました
オーナー様は今回特別にご招待いたします。この機会に是非ご検討ください。 

maniacscojp at 10:00|Permalink││新製品 

2016年08月11日

ストアコンシェルジュ遠藤です。

今日からお盆休みという方も多いかと思いますが、
maniacs STADIUMは8月14日(日)まで休みなく営業しておりますので、
皆様のご来店をお待ちしております! 8月15日〜8月20日夏季休業となります。

さて新商品のご案内です。

FFM_PKG (1)OOS_0175OOS_3150_ (1)
 
商品名がm+ Friction Free Module Four-layerとなりまして、
名称では何のパーツかよくわからないとおもいますが、車両が走行中に発生するフリクション(摩擦 抵抗)を減少させ、より走行が快適となる製品です。

本製品は、原材料にエネルギーを放出するいくつかの素材を組み合わせ、四層構造にすることで高効率な電子を発生させ、電子を車体の 隅々まで運び、各部に帯電した静電気を中和減少させます。

走行中にも空気と車体の摩擦によって静電気が発生し、それがフリクション(摩擦抵抗) となりますが、この静電気の発生を電子が抑えることにより、空気との摩擦抵抗まで も軽減させることができます。 

エンジンがスムーズになったり低速域が乗りやすくなったり乗り心地が良くなります。 
また車両や装備品をきれいに保ったり、汚れがつきにくくなったりする作用もあります。 
更に長距離走行や長時間走行などの場合に疲労が少なく、安全で快適で楽しい移動 が可能になります。
決して動力性能だけではなく、感覚性能、快適性能も向上させる 製品です。 
商品装着後はアクセルを戻しても減速が緩くなりますので、車間距離などにご注意が必要です。

装着は車種問わず、バッテリーのマイナスターミナルに接続するだけで完了。
装着して から半永久的に継続して効果を発揮します。 

弊社チーフメカニック大森が絶賛のこの商品、
maniacs STADIUM店頭にて販売をしておりますので、
ご来店時には是非チェックしてみてください! 
maniacscojp at 10:00|Permalink││スタッフ日誌 

2016年08月10日

皆さんこんにちは。maniacs公認サポーターのじぇいです。今回から3回にわたって、Golf7のインテリアライトをノーマルの電球からLEDバルブに交換する方法をご紹介いたします!
工房長追記> 名付けて「インテリアライトをLEDバルブ化する3回シリーズ」って、そのまま(笑)。
じぇいさんに戻り> 第一弾は、グローブボックスライトのバルブを交換してみました。

Golf7_GB_Lamp_01作業はまず、グローブボックスを下まで開けて、作業スペースと視界を確保します。詳しい手順は「Golf7エアコンフィルタの交換方法」に記載されています。ライトの脱着は、じつは慣れればグローブボックスをふつうに開けるだけでも可能なのですが、初めての場合は対象を良く見て作業することが重要なので、少し面倒でもグローブボックスを下まで開くことをお勧めします。この作業はフューズ交換の際にも必要ですから、この機会に一度体験しておくと安心ですね!
 

グローブボックスを開けると、今回交換したいライトが点灯したままになります。これを消すためには、ドアを全て閉じた後にキーのリモコンでドアロックを行います。これでライトが消灯して安全に交換作業を行えます。なお、ライトが直前まで点灯していた場合は、バルブやライトの金属部分が高温になっています。以後の作業はライト部分が冷めた状態で(熱くなっている場合は冷めるのを待ってから)行なうようにしてください。

Golf7_GB_Lamp_02Golf7_GB_Lamp_06Golf7_GB_Lamp_03






以上の準備作業が終わりましたら、ライトの凹み(このライトでは右側にあります)に内装外しツールを差込み、手前側に引いてライトを取り外します。使用しているのは定番のKTC フラットタイプヘラです。

ライトがどのように固定されているのか?を示したのが上写真中央になります。今後このシリーズでご紹介する他のライトと同様、コネクタ側は内装を凹み部に差込み、反対側はランプの爪が内装の淵を挟み込む形状になっています。方式は同じですが、場所によって内装を挟みこむ部分の形状が微妙に異なっているのが面白いですね。

ライトを外すと、ライトの灯体につながっているコネクタはロック付きですので、上写真右側のようにロックを押しながらコネクタを引張って分離します。これでランプが外せました。

Golf7_GB_Lamp_21Golf7_GB_Lamp_23Golf7_GB_Lamp_25






続いてランプ内のバルブを交換します。バルブにアクセスするために、まずはランプ裏側にある金属製のカバーを外します。金属カバーは4箇所の爪でプラスティック製本体に固定されていますので、隙間に細いマイナスドライバを差込んでコジリ、爪の引っ掛かりを外して取外します。次にバルブを外します。バルブはちょっと奥まった位置にあるので、指でつまんで引張ることが出来ません。中写真のように細いドライバでバルブの後端を押し出すと簡単に外せます。

続いて新しいLEDバルブをライトに装着した状態が、上右写真です。LEDバルブには表裏があります。LEDの発光面(表面)が、灯体の透明レンズ側(この写真で向こう側)になる向きで、LEDバルブをランプのソケットに差し込みます。電球と異なり、LEDバルブはソケットの奥まで必要以上に差し込めてしまう形状ですが、奥まで差し込み過ぎる、バルブの接点がソケットの接点を通り過ぎてしまい、余計な箇所が接触してショートする恐れも有りますから、写真の位置ぐらいに留めます。

Golf7_GB_Lamp_27Golf7_GB_Lamp_29






金属カバーをランプに元のように被せます。万一、金属カバーを外す際にカバーを曲げてしまった場合は、被せる前にラジオペンチなどを使用して、カバー単体を元の平らな形状に復旧しておきます。上写真左側のように、カバーをランプにかぶせて押し込めばOKです。正しく被さると、爪4本が全てカバーの切欠き穴に嵌りますので、4箇所すべて確認しておきましょう。

Golf7_GB_Lamp_31ライトに車両側のコネクタを取り付けます。ロック付きのコネクタですから、根元まで確実にコネクタを押し込み、ロックがかかっているかを確認しておきましょう。接続できたらライトを元に戻す前に、点灯するかをテストしてみます。キーのリモコンでドアロックを開錠すればライトが点灯するはずです。



Golf7_GB_Lamp_07点灯テストがOKでしたら、外した逆の手順で取り付けます。ライトは点灯させていると熱くなりますので、リモコンキーで再度ドアをロックしライトを消灯させます。コネクタ側を先に車両側に入れた後、センターコンソール側を上に押してライトをパチンと固定します。最後の一押しが硬いようでしたら、軽く叩くとパチンと嵌ります。



Golf7_GB_Lamp_33後はグローブボックスを元に戻せば、作業完了です。概ね10〜15分くらいの交換作業です。慣れない場合はもう少し時間が掛るかもしれませんが、とくに難しい工程や失敗し易い箇所などはありませんので、あせらずゆっくりと、慎重に作業を進めてみてください。




この作業はLEDバルブに交換するだけでなく、純正バルブ(電球)が切れてしまった場合の交換も同じです。メンテナンス作業の習得がてら、皆さんも一度作業を実施されてみてはいかがでしょうか?ではでは!!

core LED ST W10SS(グローブボックス用LEDバルブ) (商品ページ)

maniacscojp at 13:12|Permalink││注意事項・装着マニュアル 

2016年08月08日

maniacs山下寿人です

先日もお伝えさせて頂きました、創業10周年を記念したステッカーを現在、
店舗、webshopともにお買い物1回につき1枚プレゼント中です!

web shopでの配布方法は、ご購入される商品とご一緒にカートに入れてください。
後からステッカーのみをお送りすることは状況によっては、対応ができない場合がございますのでご注意ください。
なお、こちらの配布方法は、明日9(火)10:00よりこちらの配布方法とさせていただきます。

10 year anniversary sticker商品ページ


blog_text_160720























〜〜〜 ステッカープレゼントキャンペーンのご注意 〜〜〜

■8月1日(月) より無くなり次第終了となります。

■ステッカーのカラーは、ブラックまたはホワイト(文字のみ)なります。

■ステッカーのデザインは店舗用、web shop用の2パターンございます。

■ステッカーのカラーおよび柄は選べませんのであらかじめご了承下さい。

■1回のお買い物につき1枚プレゼントとなります。 

■期間中は、大変多くのオーダーが予想されるためおまとめした場合は、通常の発送よりお時間を頂きますことを予めご了承ください。
 
■web shopでのオーダーについて、複数のオーダーを1つにまとめた場合は、ステッカーは、1枚となります。予めご了承ください。

■複数回ご購入いただいた場合、連続して同じカラーのステッカーが届く場合もございます。あらかじめご了承ください。

■転写ステッカー(文字のみ残ります)ですので、印字部分を十分に対象の箇所へ押し当て、剥離紙を剥がしてください。 
 
■キャンペーンは、予告無しに内容の変更、終了となる場合がございます。あらかじめご了承下さい。
 
■当期間中は、大変多くのご注文頂き、混雑が予想され、商品のお届けが遅れる場合がございます。 あらかじめご了承ください。

maniacscojp at 14:00|Permalink││【重要】なお知らせ 

2016年08月07日

OZ_FM_mani0727

maniacs山下寿人です。
イベント開催のお知らせです。maniacsでは、日頃の感謝を込めて愛車にO・Z, MSW, SPARCO ホイールを装着している方に限定したオーナーさまのランチミーティングを開催します!会場では maniacs スタッフだけでなく、O・Zジャパンスタッフの方々も参加し、オーナーさまと交流をしたいと考えております。 

参加条件はフォルクスワーゲン車およびアウディ車で、O・Z ホイールを装着している方。さらに maniacs にてホイールをご購入いただきましたオーナー様は今回特別にご招待いたします。もちろん、すでに O・Z, MSW, SPARCO ホイールを装着しているお客様も、ご参加いただけます。お洒落なランチを味わいながら、素敵なひと時をお過ごし下さい。

会場のミュゼオ御殿場は、3000坪の広大なグラスガーデンと富士山をご覧になりながら、ゆっくりとお食事をお召し上がり頂けるレストランがございます。カーイベント、新車発表会や展示会など多彩な催事イベントが開催されている、自動車イベントではおなじみのスペースです。

ミュゼオ御殿場 Museo御殿場 -富士山周辺でのランチ・ディナー-

なお、当日はプロカメラマンによる、愛車の撮影(数に限りがあります)なども行います。オーナーさまだけでなく、ご同伴も大歓迎です。ぜひ、ミュゼオ御殿場の素敵な会場で、優雅なランチのひとときをお過ごしください。

※定員に限りがあります。先着順での申込となります。

この件に関するお問い合わせは、045-620-6766 までお電話にてお問い合わせください。
担当:杉田(すぎた)、山下寿人(やましたひさと) 
maniacscojp at 12:00|Permalink││【重要】なお知らせ